淀川の治水翁 大橋房太郎伝

著者 :
  • 東方出版
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862491657

作品紹介・あらすじ

明治18年(1885)の淀川大水害で大阪は壊滅的な被害を被る。当時書生として東京にいた大橋房太郎は、その惨状
を見かねて大阪に戻り、淀川の治水こそ我が使命と心に決め、生涯を淀川治水事業に捧げる。現在の淀川の流れ
は百年前、この短躯(身長145cm)の熱血漢がつくった。写真・図版94点収録。◉2刷◉

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 資料ID:21401890
    請求記号:517.216||O
    配置場所:普通図書コーナー

  • 【配置場所】工大大阪検定【請求記号】289.1||O【資料ID】11002727

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

平岡珈琲店三代目店主。1957(昭和32)年大阪市生まれ。関西学院大学文学部卒。広告会社勤務の後、家業を継ぐ。
淀川の治水に生涯を捧げた大橋房太郎の業績を再評価するため「大橋房太郎を語る集い」を有志とともに設立し、
講演会等の活動を行っている。

「2010年 『淀川の治水翁 大橋房太郎伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川清の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×