大阪の近代: 大都市の息づかい

著者 :
  • 東方出版
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862492203

作品紹介・あらすじ

激変する大都市大阪の明治から大正、そして昭和へと、流れゆく歴史の波に眼を凝らし、
人々の息づかいに耳を澄まし、都市の姿の変遷を「形」と「心」の両面から具体的に跡
付け、巨大都市大阪の今日の姿の意味を考える。写真・図版多数。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 索引付き19世紀から20世紀はじめの紡績工場分布と職工数の変遷地図あり。
    北船場に本社をおいた会社の数と位置の変遷地図もあり。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1949(昭和24)年奈良県生まれ。関西大学文学部教授。日本近現代史専攻・博士(文学)。関西
大学文学部卒業、関西大学大学院修士課程修了。著書に、『管野スガと石上露子』『天理教の
史的研究』『北村兼子 炎のジャーナリスト』『大阪河内の近代』『台湾と日本 激動の時代を
生きた人びと』『看護婦たちの南方戦線 帝国落日を背負って』があり、編書に『石上露子全
集』、編著書に『大阪の近代 大都市の息づかい』(いずれも東方出版)がある。
奈良県磯城郡在住。

大谷渡の作品

大阪の近代: 大都市の息づかいを本棚に登録しているひと

ツイートする