人はなぜ錯視にだまされるのか?

著者 :
  • カンゼン
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862550200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動いていないはずの模様が動いて見える。

    続けてページを見ていくとなんか酔ってくる・・・。

    錯視というのは非常に面白く、いかに人間の視覚というものが物事を正しく捉えていないかという事がよくわかります。

  • 面白いけど、ものによってはうるうるしてくる・・

  • 錯覚大好き!

  • 読了:2011.08.21

    インターネットや書籍で見たことのあるお馴染の錯視から初めて見る錯視までたくさん紹介されている。
    心理学の教授が書いており、同じ錯視でも体系的に分類されていることを初めて知った。

    分類や錯視画の解説もついており、面白い
    目で誤解しているのではなく脳が解釈を誤っているケースが多いみたい

    たまにはこういうのも面白いかも

全4件中 1 - 4件を表示

人はなぜ錯視にだまされるのか?のその他の作品

北岡明佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする