フットボールサミット 第2回  検証・中田英寿という生き方

制作 : 『フットボールサミット』議会 
  • カンゼン
3.63
  • (2)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862550873

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中田英寿という才能について再確認させて貰った。

  • 「フットボールサミット」は読み応えあるシリーズが多い。
    この号は引退後の中田を中田をよく知る人物たちから紐解く一冊。
    TAKE ACTIONとサッカー協会との関係は興味深い。

  • 中田英寿、イチロー、宇多田ヒカルは青春時代にパイオニアとして新しい世界を見せてもらった人たちです。

    今でもゴルフの石川やサッカーの本田などもグローバルに活躍しているけれども中田英寿のトリリンガルなとこには衝撃を受けました。

  • ヒデ特集。
    財団の裏事情まで。

  • 面白かった。ただ、この本は基本的に中田に接触できた数少ない人物の証言であることを差し引いて考えなければならない。つまりこの「数少ない人物」は、今後も中田に嫌われない限り中田という存在を通して今後もメリット(金銭等)があるかもしれないということである。つまり中田の悪いことをいって得することは何ひとつないということである。この本自体は、試みは良いし内容もよかった。一方でもっと中田のダメな部分、ダメだと世間から思われている部分も具体的にあげ、それに対する意見も並列でのせれば信頼が増しただけに惜しい。

  • 引退して4年以上経つのにも関わらず、未だに世間の関心を惹き付ける中田英寿の魅力はなんだろうか?
    日本はこの答えを永遠に求め、永遠に探し続けるのかもしれない。
    なぜなら中田英寿の生き方は、どこまでもロジカルだから。世間体に重きを置く日本人には、常に社会性で生きている彼の論理はわからないのだろう。
    (鴻上尚史さんの「空気と世間」という名著が中田英寿の人物像を理解するのに最もわかりやすいと思う)
    不器用でこだわりが強い。
    目的意識がやたらと高い。
    その上賢くてロジカルモンスターとくれば日本の大衆、そしてマスコミにとっては理解しにくい存在だろう。
    ただそれだけであったら、マスコミに叩かれて終わったかもしれない。
    しかし彼には日本人の想像を超えるだけの力が常にあった。
    サッカーで成功する力。
    個人としてのブランドを確立する力。
    旅人として生きているだけの財力を蓄えた力。
    そして今は多くの人を助ける力。

    多くの中田英寿本が世の中に出ているが、引退後の彼とその活動を含めた姿を客観的に捉えようとしているこの本は興味深かった。
    特にTake Actionの活動が日本サッカー協会ともめている件に関しては、「空気と世間」の対立構図と同じような気がしてならない。
    この件に関して今後の中田の打つ手がひじょうに興味深い。
    彼のこだわりは軋轢を生むのか、それともその理想が協会を動かすのか?

    インタビューに関しては、本人はもちろん、彼に近い選手や指導者または所属事務所の声があったらおもしろいに決まっているが、それはきっと彼が達観する頃、もしくはかなりおじいさんなってからしかありえない話なのだろう。
    彼がまだ人生のバリバリ現役である限り、その企画は実現しない気がする。

    他におもしろいと感じた点は、サッカー界に潜む陰に中田が既に気付いていてアクションを起こそうとしている点。
    選手のセカンドキャリアやステータスなどJリーグの今後の鍵を握るテーマがいくつか見え隠れしている。
    次回の中田特集が実現するとき、中田英寿がその改善策に関わっている事を願いたい。
    日本サッカー協会には、中田英寿という人物を使いこなせるぐらいの度量が欲しい。
    彼以上の度量のある組織、バックボーンがないと、日本は世界で次のレベルへ行けないだろう。

    本人のインタビューがないなどいくらでも突っ込みどころのある一冊と言えばそうだが、企画の趣旨とサッカーを真剣に考える志と、数多くある現在のサッカー協会などの問題点を示唆した点で、高く評価したい一冊。
    読み手の感性とサッカーの知識が重要だろう。
    でないと低く評価しまいがちな一冊。

  • 表紙はともかく・・・
    松田直樹という生き方だけが気になり購入。
    直樹らしいインタビューの掲載ですごく面白かった。ほんと「やんちゃ坊主」って言葉が一番似合う選手。

    和司さんが目指す「ちゃぶるサッカー」には直樹は必要だったのでは?

  • 中田の10代の頃、松田のインタビュー、TAKE ACTIONのことがわかったのが、面白かった。

  • 大泉実成氏の文章2つが1番面白かった。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1961 年東京生まれ。ノンフィクション作家。中央大学大学院哲学科修了。『説得』で第11 回講談社ノンフィクション賞受賞。『人格障害をめぐる冒険』(草思社)、『麻原彰晃を信じる人びと』(洋泉社)、『萌えの研究』(講談社)、『夢を操る―マレー・セノイ族に会いに行く』(講談社文庫)、『ではまた、あの世で 回想の水木しげる』(洋泉社)ほか多数。編著に『本日の水木サン』(草思社)などがある。

「2017年 『オタクとは何か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フットボールサミット 第2回  検証・中田英寿という生き方のその他の作品

大泉実成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする