人の心に火をつける ~どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント~

著者 :
  • カンゼン
3.67
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862551313

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人の心に火をつける
    松本育夫
    カンゼン

    2012年6月9日 初版
    ISBN 978-4-86255-131-3

  • 凄く良かった。中でも驚いたのは「心に弱さを抱える選手に辛抱強く付き合うのも指導者の仕事だが、本当に大事なのは妥協をよしとしない選手に対して、さらに厳しい要求をしていく事だ」というくだり。

  • 今の若い人には頭ごなしに言ってもダメというわりと現代的な考えもある一方で、妻は家で夫を支えるべきみたいな古い考えがところどころ出てきて違和感を感じた。
    成功体験はもちろん、失敗体験を本書を通して知ることで、やっぱりチームマネジメントってやりがいがあるなと感じた。

  • サガン鳥栖の元監督:松本郁夫さんの本。松本さんが今まで関わったサッカーチーム、学校やクラブの話を通じて、人を育てるとは?チームで結果を出すには?という指導者の立場から書いてある。
    章立てが、「~を伸ばす11の原則」みたいな今よく見かけるフレーズでまとめてあったのが個人的にはゲンナリ。中身は松本さんの体験から書かれてるものなのでためになることが多かったが、やはり文章の中にある太字の強調とか、章ごとのまとめみたいなページが挟まっていて、ハウツー本を読んでる気がして読後感はよろしくなかった・・・。
    サッカーに対する真摯な考えや指導者としての松本さんの生き方には共感したけど、やっぱりこの章立てはどうも・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

人の心に火をつける ~どんな環境でも「人」を伸ばし、結果を出すチームマネジメント~のその他の作品

松本育夫の作品

ツイートする