眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意

  • カンゼン
3.51
  • (4)
  • (15)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862551641

作品紹介・あらすじ

どんな相手でもボールは回せる。試合中に遠藤が見ている世界とは?ついに明かされる天才プレーメーカーの"頭脳"。サッカーを究める思考法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・読書時間:3時間半くらい
    遠藤保仁選手は、現役時代憧れていた選手です。コロコロPKを何回練習したことか。
    遠藤選手は、ピッチ上の自分以外の「21人」が見えると言います。見えるからこそ、「そこにこのタイミングで出すの?」というプレーが出来るのです。

    A代表デビュー戦の久保建英選手は「まさか」と思わせるプレーが多かった選手の一人でした。さりげなくやっているプレーのひとつひとつに意味があります。

    サッカーは頭を使ってプレーします。ただ、ほんの数秒で判断しないと相手にボールを取られてしまうスポーツです。場面によっては、1秒もないくらいで判断しないといけない場面もあります。
    このような短い時間でどのように判断しているのか、遠藤選手には何が見えているのか、どのようなサッカーをやりたいのか、が分かる本です。

  • 169 20140620

  • 読んでみて分かる遠藤の頭の中と見えている世界。試合でのスタンスとか読んでいて納得。

  • 遠藤が書いた本と違ってインタビュアーという第三者を挟むことによって、より遠藤の人間性を見ることができて面白かった。思ってた以上にヤットスタイルは凝り固まっていた。こんなに凝り固まっているのにずっと同じチームでやっている不思議。ある程度自由にやらさせてもらってるのかな?

    思考は完全にバルサイズム。いいタイミングにレシャックと出会えたんだな。

    小学生の頃から周りの景色を捉える訓練をしていたとは驚きだ。それを自分で考えて行動してるのもまたすごい。

    パスカットを読んで行動を変えられる上手い選手が誰なのか気になりますwずっと意識して見てたら気づくかなぁ?

    サッカーだけでなく日常生活にも生かせそうな考え方があって参考になった。

  • レシャックか。
    シャビの本の日本版まえがきで「日本人にはイマジネーションが足りない。」っていうレシャックの言葉が引用されていたのを思い出した、それはフリューゲルス時代に行ったパス回しの練習にルーツがあったってことかな。

  • 遠藤保仁×西部謙司。

    ヤット選手のプレービジョンが見えて面白い。
    ただ、まぁ、当たり前だけど、以前にどこか別の記事で読んだことあるな、という内容もある。

    そう考えると、最近サッカーに興味をもつようになった人が読むと、いっそう面白い?
    けど、サッカー知らないと「なるほどな~」みたいな驚きがないとも思う。。

  • ザックジャパンの心臓と呼ばれる遠藤選手のサッカーへの見方、考え方などを、評論家の西部氏がインタビューをして構成した本。

    プロになった時のレシャックとの出会い、G大阪での選手としての成長を経ながら、試合の見方、技術の磨き方、日本代表としての戦術論等がわかりやすく書いてある。

    ちょっと量が足りないとも思うが、遠藤ならではの能力が分かって楽しかった。ただし、ブラジルW杯前に読むべきだったと思う。終わってからだと、意気込みの結果が分かってしまっているので、現実は厳しいことがわかる。

  • いわゆるイーグル・アイってやつですね。

  • もっと深いプレーのレベルまで踏み込んだ本かと思った。インタビュー本と思って読むと納得できる内容。

  • 遠藤の原点。2人の兄と毎日朝サッカーをしていた。横浜フリューゲルズの監督のレシェック。元バルセロナのコーチ。このコーチのパスサッカーに衝撃を受けた。パス回ししながらチャンスを待つのが美学。ディフェンスは同数OK。昨年のヨーロッパ遠征のブラジル戦はパスはある程度まわせたが相手の個人レベルが高すぎてプレーの絵が描けなかった。(確かに遠藤のところで何回かボールを失っていたような気がする。)日本代表の話 オシムさんのときが一番パスがこなかった今はだいぶ自分の事を判ってくれている。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1980年1月28日、鹿児島県生まれ。1998年、鹿児島実業高等学校卒業後、横浜フリューゲルスに入団。京都パープルサンガ(現:京都サンガF.C.)を経て、2001年、ガンバ大阪に加入。2020年10月にジュビロ磐田に期限付き移籍。「日本代表国際Aマッチ出場数最多記録保持者」「東アジア最多出場記録」「2009年アジア年間最優秀選手」「2014年JリーグMVP」など、多くの記録を持つ。2019年には公式戦1000試合出場、2020年にはJ1リーグ史上最多の出場回数、史上初の21年連続開幕戦先発を達成。

「2021年 『GIANT KILLING 名シーンで振り返る 戦い抜くメンタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤保仁の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合博満
伊賀 泰代
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

眼・術・戦 ヤット流ゲームメイクの極意を本棚に登録しているひと

ツイートする
×