フットボールサミット第12回 FCバルセロナはまだ進化するか? 世界で最も美しく、最も儚いフットボールの未来

制作 : 『フットボールサミット』議会 
  • カンゼン
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862551795

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ライカールトのサボりエピソードスルーかよ( ̄□ ̄;)!!

    巻末のバルサクイズが地味に難しかったw
    フィーゴの寿司屋の名前なんて検索してもそんなに出てこないぞw
    「Sushi-Bar KIN」って言うらしいよw

    メッシのアンファーのCM考えたのテリー伊東だったのかw

  •  バルサ本として考えると、これだけ幅広く論説が読めるのはなかなかお得感がある。アンファーのCMについても触れているあたり、本当に幅広い。
     タイトル詐欺的な一面は否めないが(進化するかどうかなんてどの部分に書かれているのか)、バルサに関心のある方が買って損することはないだろう。

  • 多角的視点からバルサを読み解く。

全3件中 1 - 3件を表示

フットボールサミット第12回 FCバルセロナはまだ進化するか? 世界で最も美しく、最も儚いフットボールの未来のその他の作品

『フットボールサミット』議会の作品

フットボールサミット第12回 FCバルセロナはまだ進化するか? 世界で最も美しく、最も儚いフットボールの未来を本棚に登録しているひと

ツイートする