サッカー戦術サミット 一流フットボーラ―がリアルに語る「個」の戦術論

著者 :
  • カンゼン
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862551924

作品紹介・あらすじ

日本を代表する選手たちのサッカーIQを探求する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サッカー戦術サミット
    「フィジカルは『違い』であって『差』ではない。違うことを認めたうえで、じゃあどうしようかと考えたほうが楽しいと思っています」
    「相手が強いから速いからミスするんじゃなくて、技術の問題ですから」

    女子サッカー日本代表
    岡山湯郷Belle
    MF 宮間あや

  • 日本の戦術論についての第一人者である西部氏が、Jリーグで活躍するJリーガー12人+α(本田と香川の解説) のインタビュー記事をまとめた本。元は、雑誌「フットボールサミット」の西部氏の連載から加筆・訂正したものである・

    感想としては、Jリーガとはいっても、理屈先行(言い換えれば言語化しやすい人)もいれば、感性先行でプレイしている人もいることや、それぞれの人生の出会いなどで適材適所で活躍の場を与えられていることがわかった。

    それぞれの言葉や駆け引き、視野の広さや技術論など、なかなか面白いインタビューが多かった。続編があれば読んでみたいと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1962年生まれ。サッカー専門誌「ストライカー」の編集スタッフとして、ヨーロッパサッカーを現地で長く取材し、2002年よりフリーのサッカージャーナリストとして活動。サッカー戦術、技術解析の第一人者。

「2018年 『サッカー最新戦術ラボ ワールドカップタクティカルレポート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サッカー戦術サミット 一流フットボーラ―がリアルに語る「個」の戦術論のその他の作品

西部謙司の作品

ツイートする