皆殺し映画通信

著者 :
  • カンゼン
3.44
  • (1)
  • (12)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 93
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862552259

作品紹介・あらすじ

こんな映画いったい誰が観に行くんだよ!?日本映画76本、タブーなしの公開処刑!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうしようもない日本映画をぶった斬る一冊。時々ホントの傑作も混じってます。

    なぜ作られたのか理解に苦しむ映画に時々出会いますが、その理由の一端を理解できる手助けになるかも。ただ、何の救いにもなりません(-_-)

  • 2017/5/17購入

  • 2013公開映画

  • 町山宇多丸ほどフラット、リベラルな視点はなく、楽屋落ち、サブカル壁づくりの人なんだと思う。その辺が読むにつれ不快になって評論を素直に受け止めることができなくなる。

  • 映画評。

    ・『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』
    ・『新しい靴を買わなくちゃ』
    ・『私の奴隷になりなさい』
    ・『パーティーは銭湯からはじまる』
    ・『乱交白衣 暴淫くわえ責め〈白雪姫と5匹の小ブタ〉』
    ・『妖怪人間べム』
    ・『青木ヶ原』
    ・『渾身 KON‐SHIN』
    ・『つやのよる』
    ・『DOCUMENTARY of AKB48』
    ・『ユダ』
    ・『きいろいゾウ』
    ・『恋する歯車』
    ・『その後のふたり』
    ・『脳男』
    ・『草原の椅子』
    ・『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
    ・『牙狼〈GARO〉蒼哭ノ魔竜』
    ・『ひまわりと子犬の七日間』
    ・『プラチナデータ』
    ・『だいじょうぶ三組』
    ・『コドモ警察』
    ・『HK 変態仮面』
    ・『桜、ふたたびの加奈子』
    ・『ペダルダンス』
    ・『めめめのくらげ』
    ・『藁の盾』
    ・『図書館戦争』
    ・『県庁おもてなし課』
    ・『中学生円山』
    ・『聖☆おにいさん』
    ・『体脂肪計タニタの社員食堂』
    ・『家』
    ・『くちづけ』
    ・『奇跡のリンゴ』
    ・『監禁探偵』
    ・『二流小説家』
    ・『サンゴレンジャー』
    ・『尖閣ロック』
    ・『俺はまだ本気出してないだけ』
    ・『100回泣くこと』
    ・『ゴッドダン』
    ・『桜姫』
    ・『風立ちぬ』
    ・『いのちの林檎』
    ・『workshop』
    ・『劇場版謎解きはディナーのあとで』
    ・『江ノ島プリズム』
    ・『ダイヤモンド』
    ・『NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ』
    ・『上京ものがたり』
    ・『日本の悲劇』
    ・『劇場版タイムスクープハンター 安土城最後の1日』
    ・『キャプテンハーロック』
    ・『ガッチャマン』
    ・『貞子3D2』
    ・『劇場版ATARU』
    ・『劇場版ワルノリっ』
    ・『朝日のあたる家』
    ・『謝罪の王様』
    ・『豪華3本立て!トミカプラレール映画まつり』
    ・『陽だまりの彼女』
    ・『人類資金』
    ・『潔く柔く』
    ・『マダム・マーマレードと異常な謎』
    ・『タイガーマスク』
    ・『ハダカの美奈子』
    ・『裸のいとこ』
    ・『新大久保物語』
    ・『すべては君に逢えたから』
    ・『夢と狂気の王国』
    ・『ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE』
    ・『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
    ・『チャイコイ』
    ・『永遠の0』

  • 邦画77本の辛口映画批評

  • 柳下氏がもっぱら殺人研究家、いやさらに遡って殺人マニアとして世に出ていた頃からの読者だが、最近は鼻についてしかたがない。
    なのに、つい手を出してしまう。本書の元ネタの有料メルマガだって、ついうっかり登録してしまった。しばらくは楽しく読んだけれど、案の定次第に鼻について挫折して、なのに遅まきながらこんな本が出ていると知ったら、またぞろ身銭を切ってしまった。
    何やってんだかなあ、だ。

    そんで例によって例のごとく、半分くらいでお腹いっぱいウヘア…となったんだけど、今回はそれ以前の質の低下が目についた。「もちろん〜、もちろん」と無意味にくり返すとか、言葉の誤用も目についたし、何よりヒドイのが誤植! それは出版社のせいでしょ、というのも一理あるけれど、著者として校正時に見落としてる時点で…ひょっとして柳下さん、ヤル気なかったのかなあ、なんて思った(そのわりには巻末対談までしちゃってるけど)。このていたらくで、他人が書いたシナリオの「係り結びがなってない」はないよなあ。
    巻末対談ではこの界隈に近年著しい、内輪受けホモソーシャルサークル化を思い知らされた。テレビ業界のこと言えないよ!

    2015/2/18〜2/19読了

  • 矢野顕子が「監督失格」の主題歌をって聞いたときは「えっ!?」て思ったけど、単に仕事を選んでないんだということがこの本読んでわかった。しかし世の中にはどういう事情でつくられたのかわからない謎の映画がいっぱいあるんだなあ。石原慎太郎映画、西原理恵子映画、幸福の科学映画、イケメンヒーロー映画、プラレール映画、「スールキートス王国」…劇団EXILEとか吉瀬美智子とかよく知らないけれどいっぱい映画出てるんだなあ…。しかし一番衝撃的だったのは元AVクイーンのノイジシャン白石ひとみが主宰するレーベル・カエルカフェによる映画。こんなのが映画が年に何本も撮られてるんだ…。
    柳下さんの筆は容赦ないけれど、あまりに調子よくって何本かの映画については観たくなってくるから恐ろしい。それは主にちょっとアレな人が出てくる映画だ。「20世紀ノスタルジア」以来のヒロスエのファンとしては「桜、ふたたびの加奈子」はかなり見たい気がする。

  • 2013年の映画をばっさばっさ斬る。
    掲載されていた中で見たものって風立ちぬだけかな。
    私は映画には全然詳しくないのだけど、テレビで推されてて周りもよかったって言ってて見てみたら、え、これってどうなの?って思うこともあって、そういう感覚はもっとよく考えるべきだなと感じた。
    逆に、なんかいいって思った作品もちゃんと考察したい。けれど、過去の映画の知識もなきゃ難しいのかもなあ。

  • ちゃんといい大学出ていい会社勤めたような人間が揃ってこんな映画作っちゃうんだよなあ、と悲しくなる時がある。ここで俎上に載せられた映画たちの中には、そうした悲しさを通り越して、憤懣、さらにそれすら通り越してなんだか無の境地に至らせてくれる作品もある。見たことのない映画の方が多いんだけれど、事故現場を楽しく見て回れる。ぷらちなでーた!

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年生。特殊翻訳家、映画評論家。訳書に、ウルフ『ジーン・ウルフの記念日の本』ラファティ『第四の館』他。編書に、スラデック『蒸気駆動の少年』、著書に『皆殺し映画通信』『新世紀読書大全』他。

「2017年 『異形の愛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

皆殺し映画通信のその他の作品

皆殺し映画通信 Kindle版 皆殺し映画通信 柳下毅一郎

柳下毅一郎の作品

皆殺し映画通信を本棚に登録しているひと

ツイートする