トレイルランナー ヤマケンは笑う。 僕が170kmの過酷な山道を“笑顔”で走る理由

著者 : 山本健一
  • カンゼン (2015年7月23日発売)
3.88
  • (8)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :48
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862553126

トレイルランナー ヤマケンは笑う。 僕が170kmの過酷な山道を“笑顔”で走る理由の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【No.44】「今この時間、大切だよ。その怪我を受け入れて、自分の身体の状況を受け入れて、ここから何ができるのかを考えていこうよ」「自分の欲を満たすようなトレーニングはやめて、できるだけ疲労をコントロールするように強度を調整する。トレーニングは、疲れていない状態から始めること」「勝つということは、とてもわかりやすく、周囲の人へ”自分がどういう人間か”についての説明を省いてくれる」「自分の体を思いっきり追いつめないことが、トレーニングでは重要なこと」「結果はご褒美。お菓子についてくるおまけのようなもので、あったら嬉しいけれどもなくたってかまわない」

  • トレイルランの過酷さが臨場感一杯で伝わり、涙が出てくる。

  • 睡魔に襲われたら、たったまま目を閉じて7秒数える。7秒睡眠。
    エイドステーションで何を話そうか考えながら走る。
    山岳部で15キロのおもりを持って走る。
    痛いと思いながら走ると痛みをこらえた走りになる。痛いと思わずに走ると身体が痛みに反応する。
    お酒をやめると筋肉の弾力性や回復性が変わる。
    カフェインを摂らないと感覚が鋭敏になる。
    風景に後押しされる。風景が励ましていると感じる。

  • トレランが好き、山が好き、目立つのが好き。気持ちが前面に表れている。若い読者を意識しているのか、読みやすい。

    高校の教員を務めながら、競技をしているだけあって、どちらかというとアマチュアの目線。アルコール、カフェイン摂取をしなくなったあたりからトップアスリートへと進化。
    家族、仕事への感謝、レースでは記録、ライバルとの競争よりも自分の潜在能力を発揮する事が優先と一般アスリートにとっても気づかされる点、参考になる点が多い。

    飛躍の大きな転機となった2008年の長谷川恒男カップでの優勝。あまりにも簡単に優勝!さらに前年よりも1時間近くタイムを縮めてと凄過ぎる。その割には記述が少ない。そこもヤマケンらしさ。

    ヤマケンの言う「野生」とは俗にいう「ゾーン」に入る事なのか。気になるところ。

  • 校正されてない感が気になる
    雑誌の記事レベル

  • トレイルランナー、ヤマケンの言葉は修験道で悟った仏教者のようだ。

    欲を捨てる。他人と争わない。今の自分を受け入れる。周りの全てに感謝する。やはり険しい山を170kmも走るとなると人知を超えた世界を覗いてしまうのかもしれない。

    高校教師をしながら家族を養い、趣味と自分の能力の限界を極めるというシンプルイズベストな生き方。
    楽しむ。心の底から。それ故の底抜けの笑顔は誰の心にも美しく映える。

    アスリートの文章はいい。
    簡潔で素直で頭にスーッと入ってくる。シンプルに生きたい時に。迷った時に。胸に刻む。

  • カッコよすぎる、ヤマケン!

  • 自分は、ここまで練習しているランナーでもないし、こんなに早く走れるわけでもない(彼の100マイルでの平均スピードは私の平地でのスピードよりも速い)。でも、走る気持ちという部分では共通のモノがあるような気がする。順位なんて気にしない(自分はまず、気にする順位でもないが)、走ることが楽しく笑顔(苦しい時は苦しい顔をしてしまうが基本的にへらへら)などレベルは段違いだが気持ち的に通じるのではと思う。今月は、走れていないので、ちょっとでも走るモチベーションにでもなれば・・・

全8件中 1 - 8件を表示

トレイルランナー ヤマケンは笑う。 僕が170kmの過酷な山道を“笑顔”で走る理由のその他の作品

山本健一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中野ジェームズ修...
伊賀 泰代
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

トレイルランナー ヤマケンは笑う。 僕が170kmの過酷な山道を“笑顔”で走る理由はこんな本です

ツイートする