サッカー右翼 サッカー左翼 監督の哲学で読み解く右派と左派のサッカー思想史

著者 : 西部謙司
  • カンゼン (2015年12月17日発売)
2.88
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862553232

作品紹介・あらすじ

「つまらないサッカー」は極右への賛辞?「自分たちのサッカー」は極左の常套句?勝つために手段を選ばない者たちと、美しく勝つことにこだわる者たちの戦いで、サッカーは進化してきた。

サッカー右翼 サッカー左翼 監督の哲学で読み解く右派と左派のサッカー思想史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに、海外サッカーのオタク本。
    別段に「良い本だなあ」という訳でも無いのですが、日々ニュースを読んで愉しんでいるのと同じレベルで楽しみました。

    世代として「ドーハ世代」なので、1992~1995くらいから、たまにサッカーと言うものを見るようになって。代表中心に。
    2002~2004くらいから、衛星放送などの普及からか、海外リーグも見るようになって。
    2004-2005のチャンピオンズリーグの「イスタンブールの奇跡」を生中継で観てしまってからは、リバプールファン、という、
    恐らく同世代では大勢、まったく同じ履歴の人がいるのではないか、という経緯です。
    (そして、リバプールがいちばん感情移入しているけれど、心の2列目にはアーセナル、バルセロナが並んでいる、というこれも恐らくよくある傾向だと思います)

    例えば野球の巨人ファンでしたら、試合そのものを生で観ていたとしても。
    その試合が愉快な試合だった場合は、それについてのニュースとか振り返り特集とか、インタビューとか、ついつい楽しんでしまいますよね。
    それと同じような感覚です。

    「結果に拘って守備を重視するスタイル」と「攻撃や美学に拘るスタイル」を、ことば遊びとして「右翼左翼」という言い方で分類したり、
    それをきっかけにその目線で歴史を振り返ってみたり、という趣向です。

    一時期、この手の雑誌や本を、アホみたいに読んだりしたので、ひとつひとつのディティールやエピソードは知っているものが多いですが、
    これだけ長いおはなしをこういう切り口で編集する、というのは、愉しませていただきました。
    文章自体は、たまにちょっとこねくり回しすぎな感じがしましたけれど。

  • 左翼のサッカー は、テクニカルで細かくパス回し勝ち方にこだわる

    右翼のサッカー は、勝利至上で、守備から入って、フィジカル重視

    だそうです。

    もともと余興的な企画だったようです。

    個人的には、スタジアムで観戦してて、中盤飛び越して、ロングパスをバンバン蹴る試合よりは、ショートショート逆サイドとか、ワンタッチツータッチでテンポよく繋がってシュートまで運ぶのが好きです。

全1件中 1 - 1件を表示

サッカー右翼 サッカー左翼 監督の哲学で読み解く右派と左派のサッカー思想史のその他の作品

西部謙司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
田中正人
マルクス シドニ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする