技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義する

  • カンゼン
4.00
  • (6)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862554222

作品紹介・あらすじ

「ボールを扱う技術」「体を扱う技術」「頭を扱う技術」「相手を扱う技術」サッカーはすべてが技術で成り立っている。その技術を明確に定義せずに、サッカーが進歩することはない。5つの風間理論を解読した究極の技法書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 川崎Fや名古屋監督の風間監督の考え方をサッカー戦術解説のお馴染みの西部謙司さんが解説した本。

    止める、蹴る、運ぶ、受ける、外す、打つ、守る、なんでもない言葉を再定義して、再定義することで感覚の違いが理解につながっていくこと、川崎の大久保も、名古屋(元広島の)佐藤寿人も分からなかったというのが、言葉で整理することの重要性だと感じた。

    言語を定義することの「認識」→「実行」→「成功」の重要性を感じさせられた本だった。

  • 風間サッカーというと攻めることばかり注目されがちだが、この本ではそれを裏返してどう守るのかという章がいちばん面白い。

  • サッカーに限らず、物事の本質を捉え、言葉で定義することが重要。では、どうするのか?がわかって初めて、できるようになる。

  • サッカーライターの西部さんが、風間八宏のサッカーを解説した本。風間サッカーが何故、他を圧倒できるのか、がわかりやすく書いてあり、なるほど風間さんはこういうサッカーを目指していたのか、というのが非常によく分かった。
    あと、風間さん自身はいろんな意味で天才であるけれども、その天才性をまわりの人に押しつけたりせず、どうしたら凡人でもよいサッカーが出来るのか、を掘り下げているのが面白い。川崎や名古屋のサッカーが好きな人は読んで見るのをオススメします。

  • これはサッカーの本であり、サッカーの本ではない。

  • 風間さんって子供の時から教えられた通りでなく、自分なりの理論をもってやってたんだなと。

    ゲーゲンプレスとかポゼッションとかのくだりとかちょっと良くわからなかったけど。西部さんがうまくフォローしてる印象。
    ゲーゲンプレスとかいまだにいろんな監督が採用してるし。

  • 風間理論の解体新書。
    風間さんの言葉は一見分かりにくいように聞こえて、実はサッカーの原則を明確に定義している言葉で、当たり前だと思ってたことでも「確かにそうだ」と再認識させられる。それを解説する西部さんの言葉もいつも分かりやすい。
    「怖がるな」、けど大切な「臆病さ」。個にフォーカスする、上に合わせていくから「目が揃う。」自分のプレーにも、子供に指導するにも、忘れたくない言葉が満載。また読もう。いつも読もう。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

名古屋グランパス監督。2017年シーズンから監督となり、チームを1年でJ1復帰に導く。1960年静岡県清水市生まれ、清水商高でワールドユース日本代表、筑波大学時代に日本代表、その後ドイツでプロ生活を送る。Jリーグ開幕直前にサンフレッチェ広島入り、主将としてステージ優勝。現役引退後は、TVを中心に従来のサッカーの常識を覆す解説で人気を博す。1998~02年桐蔭横浜大学サッカー部監督。08年~12年筑波大学蹴球部監督。12年~16年川崎フロンターレ監督。17年のJ1初優勝の礎を築いた。個の力を高め、「上手くて強い」「面白くて勝つ」、攻撃的なチーム作りに手腕を発揮する。

「2018年 『伝わる技術 力を引き出すコミュニケーション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

技術解体新書 サッカーの技術を言葉で再定義するのその他の作品

風間八宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ベン・ホロウィッ...
石原 慎太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする