裸のJリーガー

著者 :
  • カンゼン
3.30
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 45
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862554758

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まあまあだった。消えたマンガ家よりは面白い。

  • Jリーガー(J3)の待遇を知って愕然としました。子供たちの憧れの職業であり続けるためにも、改善を切に願います。

  • J3プレイヤーの月給5万円という事実と葛藤・Jリーガーのセカンドキャリア、町のサッカーコーチ・クラブの強化担当・GM様々な有り方について、金銭的・心理的苦悩や問題を主に元Jリーガー達(安永聡太郎・岡野雅行等)との対話を書籍にした内容。
    中でもJリーグの規定内で最低賃金が存在しない為、月給5万のJリーガーが存在する一方、月収5万でも「Jリーガー」というブランドがつく立場による葛藤は、現在のJリーグの身の丈を図るのに考えされられる一冊。

  • 消えたマンガ家、とかメジャーなカルチャーの底辺層に取材するところなどは正義感溢れるドキュメンタリー作家って感じで好感度は高いけど、ネガティブな方に引っ張っていき、時折ひけらかしたがる講義にうんざりして途中でやめたくなるのが、今回は図らずも岡野、磯貝という傑物を最後に持ってきたのが大成功! ひたすら繰り返される奥・松田の悲劇やJ3・月五万円の暗い話題をすぱっと忘れて、楽しく笑って読み終えた。 ホシ3つ半!

  • Numberの連載をまとめたノンフィクション。「本当はもうちょっと別の視点もあるかも」という気が多少しますが、こうやって問題提起をしていただけるのはとてもいいことです。この中でも、後半部分にある西村卓郎さんのインタビューは必見。やっぱ卓郎さんすごいわって思います(2018.08.13読了)

  • 週刊文春201889号掲載

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1961 年東京生まれ。ノンフィクション作家。中央大学大学院哲学科修了。『説得』で第11 回講談社ノンフィクション賞受賞。『人格障害をめぐる冒険』(草思社)、『麻原彰晃を信じる人びと』(洋泉社)、『萌えの研究』(講談社)、『夢を操る―マレー・セノイ族に会いに行く』(講談社文庫)、『ではまた、あの世で 回想の水木しげる』(洋泉社)ほか多数。編著に『本日の水木サン』(草思社)などがある。

「2017年 『オタクとは何か?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大泉実成の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィル・ナイト
戸田 和幸
角幡唯介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×