政治哲学への招待―自由や平等のいったい何が問題なのか?

制作 : 有賀 誠  武藤 功 
  • 風行社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862580290

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みたい。

  • 哲学的な共同体主義のほとんどは、リベラリズムの中心に位置すると考えられている人格の構想に焦点を絞っている。
    リベラルは個々人が社会的に構成され、協働の関係に埋め込まれ、自分たちが暮らす共同体によっていまあるような人として形成されている度合いを認識することができないというもの。
    自分の人生をどのように生きるかに関する自由な選択者としての人格というリベラルの構想は単純素朴に個人主義的なものである。

全2件中 1 - 2件を表示

アダム・スウィフトの作品

ツイートする