六時の鐘が鳴ったとき―少女たちの戦争体験

著者 :
  • てらいんく
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862611260

作品紹介・あらすじ

四年前に母さんと死にわかれてから、「自分はめぐまれていない」と思ってきたゆうこ。ある日、木から落ちて目を覚ますと、よく知っているはずの町はゆうこのまったく知らない世界になっていた!?そこで出会った小さな孤児チョロや戦争で体を悪くしたオイチャンに助けられながら、食べ物も寝る場所もままならない生活をはじめることに。毎日必死に生きるうちに、ゆうこは自分には関係がないことと思っていた「戦争」のおそろしさをどんどん身近に感じるようになり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • り。1200
    5y10m
    興味を持って読み進めていたものの、沖縄に持って行って、飽きてしまった?

    私も読んだけど、いい本だった
    ちょっと最後おあたりが怖いかな。
    どういうだろうか、まだそこまでたどり着いていないのでわからず。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

童話作家。毎日新聞児童小説新人賞、小川未明文学賞優秀賞。読書感想画中央コンクール、読書感想文コンクール等で受賞。『実験犬シロのねがい』『みーんなそろって学校へ行きたい!』『わたし、獣医になります!』『しあわせな動物園』『ムナのふしぎ時間』『六時の鐘が鳴ったとき 少女たちの戦争体験』『ふしぎ猫ナズレの冒険クルーズ』他著作多数。

「2019年 『ちびだこ ハッポン の 海』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上夕香の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×