永遠の千一夜 (ビーボーイノベルズ)

著者 :
制作 : しおべり 由生 
  • リブレ出版
2.79
  • (0)
  • (2)
  • (11)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862630735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アラブの王様・ラシッド×日本人医師・泉水のカップリングです。
    日本で、裏切りにあい傷心を抱えて
    呼ばれたアラブのある国で手術をしてという・・・
    というストーリーでした。

    ほかの方の評価はあまり良くないようで・・・(;一_一)
    たしかに設定はよくあるような感じですし、
    深ぁ~く表現はしてないかもしれませんが、
    私は、さらっと読めて、それなりに楽しめました(^^)

  • 一目惚れして「花嫁の口づけ」(奴隷の口づけ)をした主人公への接し方が強引すぎる。≪満月下の口付け≫誰でもかまわ花嫁になるという設定もちょっと苦しい。見ず知らずの、異国の、同性の、しかも敵にあたる相手にも関わらず口づけされた瞬間から花嫁扱いされるのはやはり微妙。前半は軽い拉致監禁調教もの後半は甘々のラブロマンス。個人的に主人公が悪の手を逃れ砂漠を彷徨うシーン好き。

  • 時々、どうしようもなくアラブものが読みたくなります;

  • あらすじ:美貌の外科医・泉水は、巨万の富と栄華を誇る砂漠の国ジャイブールに招聘され手術を請け負うことになった。そこで出会った一族最高の王・ラシッドは、傲慢で精悍な情熱の男。彼に仇をなす者と誤解された泉水は、裸同然の淫らな姿を強要され、毎夜気を失うほどラシッドから求められることに!!媚薬、宝石、鏡の前での奉仕…誤解を解こうと許しを乞うほど、ラシッドの甘い拷問は激しくなる!本当は嫌なのに彼を憎めないのはなぜ?あすま理彩初のアラブロマンス、超過激エッチ満載。オール書き下ろし。

  • あすまさんは感情の盛り上げ方がうまいなあと常々。読んでて胸が痛かったりぎゅっとなったりしてしまいます。

全5件中 1 - 5件を表示

永遠の千一夜 (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

あすま理彩の作品

ツイートする