ダイヤモンドに口づけを (新装版) (ビーボーイノベルズ)

著者 :
制作 : 佐々 成美 
  • リブレ出版
3.27
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862630933

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • DCD有。そっちの展開の凄さにびっくりして一気買いしてみた。

    2巻ちら読みしたけど同じテンションだったっぽい。

  • (あらすじ)
    「ヴァージンのくせに淫らな、本当に私の好みの花嫁ですよ」
    なんでも屋の三森に舞い込んだとんでもない仕事…それは、
    傲慢な一流宝石商・陣野の逃げた花嫁の身代わりをすることだった!
    初夜ではドレスのまま組み敷かれ、自ら陣野の熱をねだるまで蕩けるほどカンジさせられ、翻弄されてしまった三森。
    悔しさを覚えながらも、いつしか「代わり」ではなく自分を見て欲しいと強く想うようになって…!?


    陣野一臣(宝石商オーナー)×三森ミオ(なんでも屋)

    (感想)
    1冊に2話入ってました。
    逃げた花嫁の身代わりとして受けた仕事の中には夜のお仕事も含まれていて…
    もうね、ただのエロ親父です(笑)
    ウエディングドレスのまま、何プレイですかーっ?!
    いや、陣野さんはカッコいいですよ勿論!!
    でもエロじじいですーっ(><)
    言葉攻めですっっっ!!

    結婚式だけの身代わりだと思ってた三森は、Hで朦朧としてる間に一緒に暮らす事まで約束させられて、
    それから2人の生活が始まっていく訳ですが…
    やっぱりエロ陣野なんですーっ!!
    もう何ですかこのエロエロぶりはーっ!!
    ここまで俺様な一臣さん大好きです~っvv
    そして三森もだんだん陣野に惹かれていってラブラブ~?!


    二話目には陣野のお兄さん黒澤清治さん登場
    昔、清治のお父さんが手を出し捨てた女性が陣野の母親で…
    義理の兄弟だけど、犬猿の仲。
    この2話目はそんな2人の骨肉の争いストーリー(?)
    だけどやっぱり陣野のエロ炸裂です(^^;)

  • あらすじ:「ヴァージンのくせに淫らな、本当に私好みの花嫁ですよ」なんでも屋の三森に舞い込んだとんでもない仕事…それは、傲慢な一流宝石商・陣野の逃げた花嫁の身代わりをすることだった!初夜ではドレスのまま組み敷かれ、自ら陣野の熱をねだるまで蕩けるほどカンジさせられ、翻弄されてしまった三森。悔しさを覚えながらも、いつしか「代わり」ではなく自分を見て欲しいと強く想うようになって…!?超Hな大量書き下ろし付。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

あさぎり夕(あさぎり ゆう)
1946年7月21日 - 2018年10月27日
東京都生まれの漫画家、小説家。本名は高野夕里子。1976年「光めざして飛んでいけ」でデビュー。代表作は、「あこがれ冒険者」「ミンミン!」「コンなパニック」など。
「なな色マジック」で、第11回講談社漫画賞受賞。朝霧夕名義での活動も行っていたほか、1990年代以降はBL小説・マンガも多数発表。BLが広く知られる前からそのジャンルで創作し、発表機会を窺っていたともいわれる。

ダイヤモンドに口づけを (新装版) (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

あさぎり夕の作品

ツイートする