春を抱いていた 3 (スーパービーボーイコミックス)

著者 :
  • リブレ出版
3.61
  • (8)
  • (11)
  • (25)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862631183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらず凄い…この二人には誰もかなわない。岩城さんが比較的常識的に見えるような気になってくるのだが…いやいや!騙されちゃダメ!<br>今巻は結構重いですよ。岩城さんの実家問題が絡んできます。それもかなりヘビー…。しかし兄も兄だよな。有名な<b>日本を代表するホモ</b>に見合いを勧めるとは。相手のお嬢さんに失礼だと思わないのだろうか。<br>それにしても香籐ッテばストレートですね。典型的な年下攻めッテいうのかな?こういうの。しかし岩城さんにはこの位テンション高い方が良いかもね。うん、お似合いだよ君たち…ッテ、何私マジで納得してんの。<br>岩城さんがローン組むのにびっくりした…家くらい買える金貯金してると思ったのに(香籐と違って)一体何に金使ったんだろう。<br>香籐の「今更だけど、本当に恋愛してんだね、俺たち。お互いの態度がこんなに気になるなんて」ッテ台詞が良かった。そうだよ!それが恋愛するッテことなんだよ!と改めて思わされた。リアルな日常の普通な感情を巧く表現してると思う。<br>あ、そうそう。朝勃ちをコソコソとテレながらしまう岩城さん…あのコマは必要だったのだろうか。流れ的に浮いてたような気がするんですが、気のせいですかね。

全1件中 1 - 1件を表示

春を抱いていた 3 (スーパービーボーイコミックス)のその他の作品

新田祐克の作品

ツイートする