甘美で優雅な恋の毒 (ビーボーイノベルズ)

著者 :
制作 : 蓮川 愛 
  • リブレ出版
3.68
  • (4)
  • (10)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862632296

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 医療業界のエリート(性欲処理がきっかけ)×グループ企業の子息だがきまぐれなデリバリーホスト(レオンベルガーに会いたいのがきっかけ)

  • 蓮川先生の絵はホント素敵で、やっぱりハイクラスなイケメンは際立ちますね。

    謎の多かった受けの本当の姿が最後に分かって、なるほど!
    しかし、受けの身内(といっても義理)最低だね。
    兄はもはや犯罪者レベルじゃん。
    もったがっつり失脚を露わにしてもらったらスカッとしたのにー。

    ハイクラスな攻めの自信に溢れた姿から、受けを好きになって殻を破る姿は良かったし、一度は行き違ったけど、やっぱり運命なのね。
    お幸せに!

    結果、甘くてスタイリッシュな素敵なお話でした!

  • 優雅な生活を送っていながら、友人の店の出張ホストとして出かけた槇。豪邸で槇を出迎えた圧倒されるほどセクシーな男は、世界の医療業界で注目される超仕事人間・高階だった…!!ただ一度きりの逢瀬のはずなのに、強烈に惹かれあう二人。冷静さを装ったポーカーフェイスの下で、恋心という名の毒はじわじわと、そして灼けるほど熱く身体中を侵して…!華やかなセレブの熱い官能ロマンス

  • ヤングエグゼクティブ達の世界が違う恋愛話でした。
    展開が読めてしまったので、星3つ。

  • 甘い。
    受くんの兄ちゃんが最低〜やけど、最後ガツンとされたから良いや。

  • 口下手で強引な攻と皮肉屋で美麗な受。なんてツボな組み合わせ!そのうえ二人ともスーツを何着もさらりと着たり。とても優雅でお洒落。二人の会話はまるで何気ないようで、だけど考えられたやりとり。もう「青年」ではないからこそなのだ、と。それから互いがあまり多くを言葉にしないのも良かった。すべてを最初から最後まで語らない。とても理想の形。

  • 口下手で強引な攻と皮肉屋で美麗な受。なんてツボな組み合わせ!そのうえ二人ともスーツを何着もさらりと着たり。とても優雅でお洒落。二人の会話はまるで何気ないようで、だけど考えられたやりとり。もう「青年」ではないからこそなのだ、と。それから互いがあまり多くを言葉にしないのも良かった。すべてを最初から最後まで語らない。とても理想の形。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

貴族や名家の御曹司等、きらびやかな世界観を表現した作品が数多く、読者の支持を集めている。

「2017年 『なんでも屋花曜祐介の事件譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

甘美で優雅な恋の毒 (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

1-B07FY766HQの詳細を見る Kindle版 1-B07FY766HQ 遠野春日

遠野春日の作品

ツイートする