花嫁は夜に散る (ビーボーイノベルズ)

著者 :
制作 : 稲荷家 房之介 
  • リブレ出版
3.41
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 42
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862632647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • No.1ホスト・英×やくざの若頭・神流のカップリングです。
    大阪から東京へ鞍替えしたホストが美形やくざに一目ぼれ・・・
    先代組長には目を掛けられていた神流ですが、
    先代の息子の現組長には、疎んじられ・・・
    ヤクザものですが、ホストクラブのシーンが多く
    ホストものでもありました。
    最終的には、ハッピーエンドです(*^_^*)

  • タイトル:花嫁は夜に散る
    著者名:愁堂れな
    イラスト:稲荷家房之介
    出版社/発売元:リブレ出版
    シリーズ名:ビーボーイノベルズ
    発売日:2007年10月出版
    ISBN:4862632645
    税込価格:893円

    ■Story■
    「一目惚れや」―類稀な美貌の黒双会若頭・神流を、
    真摯に口説く傲慢なNo.1ホスト・英。
    襲撃に遭った神流を助けた英は、ムリヤリ唇を奪い、憤る神流にも構わない。
    拒みつつも、英の強引なプロポーズに神流は揺れて…?そんな折、英は、
    同僚・君彦からNo.1対決を挑まれる。
    君彦が黒双会組長の愛人と知る神流は、英に危害が及ぶのではと案じるが…。
    熱い潤愛ホスト×クール美人ヤクザの求婚ロマンス、溢れる悦淫に囚われる、
    オール書き下し!!


    ■感想■
    良い意味での漢くささを感じられる作品だと思う。
    イタリアンスーツの似合う美丈夫な英の一人称が、
    「僕」って言うには最後まで慣れなかった(爆)
    神流が凄んだ時の眼力は文字だけでも伝わってきたが
    イラストでも見てみたかった。
    なるほど!と思わせる話の構成になっていて、
    読み物としても面白かった。
    できることなら続編を発売して欲しいと思う。

  • ホストもの案外面白くてびっくりした。
    テンポよかった。キャラが生きている。

  • 続編が出るので、その前にと思い読みました。花嫁とタイトルにあるんで可愛い受かと思いきや、『可愛い』という形容詞とは対極にあるような受で、しっかり萌えツボにハマりました。

  • 大阪弁のホスト×ヤクザ。イラストは稲荷家房之介さんです。受けのヤクザは背中に刺青、さらに××に××(軽くネタばれ防止の自主規制。本編にはさして影響ないですが。)チラッと登場の櫻内×高沢に私の愁堂作品イチオシの「たくらみシリーズ」新刊を切望しました。(出版社違うんだけどねー)

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

2002年デビュー。多くの人気シリーズを持ち、著作は200冊以上におよぶ。

「2016年 『おたすけ幽霊カフェ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

花嫁は夜に散る (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

愁堂れなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする