エリュシオンの扉 (ビーボーイコミックス)

著者 :
  • リブレ出版
2.95
  • (1)
  • (2)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862633613

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【STORY】
    ウィーンの名門音楽院で、有葉に声をかけてきた天才指揮者・須藤。
    挑発され、須藤に抱かれた有葉は、次第に心から須藤に愛されたいと
    強く思うようになる。
    しかし、須藤の狙いは伝説の『エリュシオンの音』にあって・・・?
    確かに求め合っているはずなのに、すれ違う熱く狂おしい真実の愛!
    話題騒然のジキル初単行本書き下ろし付。
    (公式サイトより引用:http://www.bl-shop.net/shopdetail/009008000350/012/001/price/)



    【感想】
    須藤康一×ギルベルト。
    須藤康介×有葉。
    えー、、、えーと。
    多分、30%しか理解できていないと思います。
    ちょっと間をおいて、もう一度読んでみたいと思います。
    うーんと、、、難しすぎて理解できてません。
    しかも、モノローグが受のモノか攻のモノかも理解できていないため。
    「?」の状態で読みきってしまうという状態です。
    大筋はわかったのですが、結局何がどうなっていて、、、が謎です。
    絵はすごいスキです。私好みのキレイ系な絵でした。
    特殊なテーマで、音楽モノのよくあるカンジとはちょっと違うと思います。

    もっとかしこくなったら、読み直します。(←っていつだ?)
    リヒャルト&ジルのお話は別にあるようなので、そちらもちょっと読んで
    みたいと思います。
    両方読んだら、もう少しわかるようになるだろうか、、、。

  • ○エリュシオンの音 
    ○エリュシオンの音~Extra chapter~ 
    ○エリュシオンの扉【STAGE.1】 
    ○エリュシオンの扉【STAGE.2】 
    ○エリュシオンの扉【STAGE.3】 
    ○エリュシオンの扉~エピローグ~ 
    ○あとがき+付録 

  • 現貨

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする