未来の記憶風の行方 (ビーボーイコミックスDX)

著者 :
  • リブレ出版
4.10
  • (44)
  • (36)
  • (28)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 237
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862633675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 王道BL。やっぱりギャグ入ると吉田秋生系になる絵だ。でも瑛が美しい!それに老人が上手い。ラストの健人が瑛の手を取って星を指差し「オレが百まで お前が九十九まで ホントにいけるかもしんないし お前がモチさえ食わなけりゃ」のシーンにはジーン…

  • カタブツ教師×ツンデレ美術教師

  • ノンケの堅物教師と色気のあるゲイ、成り行きで一夜をともにしてしまった二人のシリーズが一冊まるまる入っていて読みごたえバッチリ!瑛が色っぽくて可愛い~♪コミカルとシリアスのバランスも良いし悩んだりケンカしたりいちゃいちゃしたり関係が深まっていく様子が楽しかった!

  • 2002年『未来の記憶』2004年『風の行方』で刊行したものから抜粋、書き下ろしと共に2008年に出版された作品だそうで、2冊分ですからかなりのボリュームがあります。
    354ページ、読み応えもありますし、同一カプで丸々一冊というのは良いですねー。
    攻めは元々結婚願望の強いノンケだったんですが、受けさまを大切に想う気持ちがしっかりしていて良かったです。
    学校でのカムアウトは流石に厳しいかとは思いますが、おじいちゃんはきっと本当のところ嬉しいんだと思いますよ。

  • あんまり記憶にないです。

  • 恋人へのプロポーズに失敗したカタブツ教師の健人。ヤケ酒をかっくらい、見知らぬ美人(でも男)に尋常じゃない色気で誘惑され、すっごい一夜vを過ごしてしまう。
    しかし翌日、同僚教師として再会したソイツは、トンデモなツンデレ・・・?
    「こんなに感じやすいお前が、心だけ鈍いわけないんだ」
    ケンカばっかで素直じゃなくて、バカな俺たちだけど、互いの秘密も痛みも怒りも笑顔も、全部受け止める「夫婦」の未来予想図がおまえとなら見えるんだ・・・・・・
    BLの楽しさも奥深さも教えてくれる人気の名作、描き下ろし付豪華本★

  • シリアスに見せかけたバカップルの可愛い話。
    最後がハッピーエンドですごくよかった。
    可愛いです。最後の百まで九十九までの台詞が気に入ってます。

  • 読んでよかったと読み終わった後にすごく余韻が残る作品です。
    BL作品としてここまで完成されている作品はすばらしいと思います。
    なんか読んだ後に身もだえしてしまいました^^
    基本的に長編というのはなかなかBLでは読みにくいなと思っていたのですが、そんなことない!!
    長いものであるからこそ、感情移入しやすくもっと続きが読みたいと思うのではなく、あーよかったと思える作品でした。
    個人的には夢で二人がおじいちゃんになる話が大好きです。

  • 自分と他人の人生って、思わぬところで交差するんだなあ。

  • 「「お前百まで ワシャ九十九まで」ってのが俺の目標なんで よろしく頼むよ!奥さん!」

    ノンケの化学教師(健人)×ゲイの美術教師(瑛)
    ケンカしながらも、ひとつひとつ一緒に階段を上っていく二人が、最終的に「夫婦」という形をとるところまで描かれています。
    結婚してから60年後のジーちゃん同士になるところまであるし(夢だけど)
    ありきたりな部分もあれど、お話がしっかりしているので、その辺に重きを置く方にはより良いかも。
    ギャグテイストの中に切なさと甘さが織り込まれていて、良い味が出ていました。

全22件中 1 - 10件を表示

国枝彩香の作品

ツイートする