豪華列車は貴族の恍惚 (ビーボーイノベルズ)

著者 :
制作 : ねこ田 米蔵 
  • リブレ出版
3.76
  • (3)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862633712

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「豪華列車は貴族の悦楽」の続編です。
    カプはその後、ラブラブ模様ですが、
    タイトル作品は、列車爆破の脅迫が出てくるお話で
    やや、物騒です(^_^;)
    でもって、もう1編収録されている「The castle of Load」は、
    景斗に横恋慕する元首が登場したりと、
    それなりにひと波乱があるお話になってます(^^)

  • The content is quite repetitive though;;
    the title page has something wrong with uke's body
    (Omg i already forgot what the name was..

  • 『何があっても強引に、君をこの列車にさらうつもりだった…愛している』大陸を支配する鉄道王アリスト・バルヴィスと激しい恋に堕ちた秘書、景斗。だが、この恋のために傷つけた人々への罪悪感から、景斗は彼を拒んでしまう。そんな景斗をアリストは豪華列車にさらう…!南の密林の濃密な風。王のように傲慢で優しい男に奪われ、揺れる心。そんな時、列車に爆弾が仕掛けられていると判明し…!黒い手の大貴族に、豪華列車に略奪われる。

  • 『何があっても強引に、君をこの列車にさらうつもりだった…愛している』大陸を支配する鉄道王アリスト・バルヴィスと激しい恋に堕ちた秘書、景斗。だが、この恋のために傷つけた人々への罪悪感から、景斗は彼を拒んでしまう。そんな景斗をアリストは豪華列車にさらう…!南の密林の濃密な風。王のように傲慢で優しい男に奪われ、揺れる心。そんな時、列車に爆弾が仕掛けられていると判明し…!黒い手の大貴族に、豪華列車に略奪われる。

  • 前作が良かったんで、古本屋で出会うのを待っておりました。前作の心情的盛り上がりを期待してはいけません。だってもう、カップルになっちゃってるんで、基本、イチャイチャしているだけですから。お話を盛り上げる要素はエロでもイチャイチャでもなく、犯罪に巻き込まれるあたりみたいですから。

  • やべぇぇぇ!!来ちゃったよ!
    な、なんと、続編ですかっ!
    大興奮ですよ〜!!!(笑
    これかっこれのことかっ☆
    名前覚えるの苦手な私がしっかり覚えました。
    アリストと景斗!!あまりにも本の中心で愛を叫びまくる二人に刷り込まれました^^
    あ〜。うん。ニヤケルネ。。えへへ

    4.24

全6件中 1 - 6件を表示

豪華列車は貴族の恍惚 (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

水上ルイの作品

ツイートする