明日も他人 (ビーボーイコミックス)

著者 :
  • リブレ出版
3.67
  • (38)
  • (51)
  • (58)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 383
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862634795

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ん〜。一冊まるまる表題作なのに、何か物足りない(´・ω・`)
    かいがいしい世話焼きの攻めも、生活能力ナシのされるがまま受けも好物なのにー!

    多分考えられる理由?:かいがいしいハズの攻めの世話焼きっぷりがウザ過ぎるのに無自覚なのが鼻についた。
    理由?:攻めの結婚の邪魔までしたくらい好きなハズのに、受けがクール過ぎて攻めへの愛情が読んでても感じられない。世話を焼かれてても嬉しそうじゃないし、口でいう程執着が見られないので萌えない。

    でも描き下ろしのバカップルさ加減は笑った。
    当て馬な室野さんかわいそう〜(笑)

  • 十数年来の親友の位置は一生守りたい、一生報われなくていいと思ってるめんどくさい受けと、本当にお前は自覚が足りないんだよ!さっさと気づいておけよ攻め!といった感じでとても好き。
    室野さんはかっこよすぎる。好き。

  • 生活習慣がいい加減で、食事もゴミ出しも頼りないせいか、幼なじみが逐一面倒を見に来てくれる。
    その幼なじみを好きだけれど、それは伝えてはいけない気持ちだった。
    なぜならその彼の結婚をぶち壊してしまったのは自分だから、、、。


    好きだし、構われてうれしいんだけど、自分の気持ちは一生隠して親友でいるつもり。
    それなのに、普通じゃ考えられないくらい世話を焼かれてしまって、自分の気持ちがバラバラでどうしようもない。
    その切なさが良かったです。

  • 作家さんが好き。

  • 地味にきれいで丁寧な作風がお気に入りの作家さん。丸ごと1冊ひとつのストーリーで読み応えがありました。
    とっても生活能力の低い章生と、そんな彼にあれこれ世話を焼きまくる幼馴染みの亮介。
    ずっと好きだったくせに、家庭に憧れる亮介に男の自分ではダメだと後ろ向きな章生に最初イラッとさせられました。でも、亮介への深く切ない想いがわかってくると、いつの間にか健気な彼の恋を応援していてw
    側にいたいけど、ある罪の意識から好きとは言うことができない章生。後ろ向きな章生にじれったくなりますが、そこはベタだけど当て馬室野先輩の登場でけっこう面白い展開に。
    亮介はよく気がついて尽くしてくれているようでいて、鈍いところがあるんですよね。
    章生は依存度が高くて家事能力はゼロですが、でもちゃんと働いてるところはえらいなとww
    亮介は家族が欲しいらしいけど、それはいつもの章生への世話焼きぶりをみていれば、もうこの子で手を打っておきなよ~もう家族ぽいよ~というかんじなんですけどね。
    本人同士はわかってないようですが、読んでるほうには全部丸分かり!と言うのが楽しかったです。

    描き下ろしで裸エプロン投入されていて、おとなしめの作風にエロのギャップが利いていました…!章生ってあまり考えていないようで、けっこう頑張り屋さんなところもあるんだなと。主にH面ですが。
    エロ的にもちゃんといいもの持ってる作家さんです。期待大。
    真面目な話のようで、意外にとぼけたアホらしいところがあって面白かったです。

  • 同級生もの。受けが頑な過ぎるけど、話の構成が好きです!萌えました♪攻めキャラが受けキャラに対してすっごく尽くしているとこがまた良いです!

  • 親友を好きでずっと言えなくて…っていうお話。切ない…けど、ハッピーエンドでよかった!ありがちっぽいけどそんなことなかったー。好き。

  • そんなに面白くなかったです。
    いいんか~~い!(ガックシ)ってなりました。

  • 久し振りに読み返しました。といっても何度目か忘れたけどもw 美形が出てくるわけでもなく、ロマンティックな恋愛が繰り広げられるわけでもない、まさお三月さんの作品が大好きです。会話の掛け合いや生活感(?)、同じ空間の中に居る男子2人が少しずつ気持ちの形を変えてゆく流れが心地よい~♪ 今回の書下ろしは最高!先輩、いい人…。

  • 章生、好きだなあwあの生活力のなさで、その点について気にしないところとか、真顔で照れもなく裸エプロンやっちゃうところとか、ずれてるのが面白い(^^)

全38件中 1 - 10件を表示

明日も他人 (ビーボーイコミックス)のその他の作品

まさお三月の作品

明日も他人 (ビーボーイコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする