薔薇の瞳は爆弾 (ビーボーイコミックス)

  • リブレ出版
3.97
  • (237)
  • (278)
  • (222)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 2088
レビュー : 129
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862635143

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヤマシタトモコさんって言葉がすごいきます。
    タイトルにしたってがーっと書かれたモノローグにしたって。
    心動かさずにはいられない。

  • 表題作と、絶望の庭がすき。

  • バラエティに富んだ短編集。表題作の軽いノリもいいし、他のシリアスな作品もいい。息苦しいまでの閉塞感を覚える「さようならのお時間です」が強烈な印象。「the turquoise morning」はヤマシタさんじゃないと描けないと思う。読み終えてしばらくは、呆然としていた。

  • 『絶望の庭』が好き

  • 表題作のアホさはヤバい。でも私は「the turquoise morning」が好き。サバーフの目が好き。

  • the turquoise morningが、一番好きです。
    これ以外に選択肢ナシ。
    もちろん他のものも好きだけど、これが突き抜けて好き。こういうBL、他にないかなぁ。

  • 短編集、よいちがいい

  • b-boy的なヤマシタさん作品を期待して(b-boyを何だと思ってる)寝る前に甘いものでも…と読み始めたら、予想外に重い話が多く、一気読みしたら涙が止まらなくなりました(笑)。最初に裏表紙ちゃんと読めよと自分にツッコミたい。
    いちばん好きなのは「絶望の庭」。詩的でロマンチックな作品です。

  • うん、良かった。面白いと思う。本当に。表題作は格別に面白い。

  • 一言ですね、とにかく面白い!

    短編集なのですがラブコメ、シリアス、いろんなジャンルのお話が詰め込まれているのでヤマシタワールド全開です(*´ω`*)



全129件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

東京都出身。5月9日生まれ。B型。
2005年アフタヌーン四季賞夏のコンテストにて、四季賞を受賞。
代表作に『BUTTER!!!』『サタニック・スイート』『運命の女の子』(講談社アフタヌーンKC)、
『Love, Hate, Love.』『HER』『ひばりの朝』(祥伝社)、
『裸で外には出られない』(集英社)、『MOSOME STING』『ドントクライ、ガール』(リブレ出版)など。

「2016年 『花井沢町公民館便り(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

薔薇の瞳は爆弾 (ビーボーイコミックス)のその他の作品

ヤマシタ・トモコの作品

ツイートする