ナルシストの憂鬱 (ビーボーイノベルズ)

著者 : 西江彩夏
制作 : 金 ひかる 
  • リブレ出版 (2009年5月19日発売)
3.52
  • (7)
  • (5)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862635976

ナルシストの憂鬱 (ビーボーイノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み始めてすぐはなんて山田が嫌な男なんだろうと思ったわけですが。
    山田がこういう性格に至った理由がわかってくるにつけ、いろいろと考えてしまいました。
    それでも最初の、藤中にあれこれやらせるのは山田がそういう性格なんだってわかっても違和感。

    対する藤中はなんて我慢強いんだと感心しつつ、やっぱりイライラしました。

    どちらも両極端でいて、他人と深く付き合えないという共通の悩みを持っているんですね。

    なんかこう深くいろいろと考えてしまい、萌え要素は低かったです。

  • 傲慢で横暴な嫌な司法書士×家電量販店苦情係のお隣さんもの。こんな嫌な攻めはいないとムカムカして読み始めるが、次第に不器用で優しい攻めが可愛く見えてくる不思議。

  • ナルシスト×苦労人。

    なんだろう、西江さんの作品は、いつも、何処かががつんと揺さぶられる。
    ひとを好きになることの一生懸命さとか、弱さとか醜さの描き方だろうか。
    大変面白かった。

  • 久々に、何回も読みたい作家さんに出会えた…!
    攻めの駄目人間な感じが大好きです。

全5件中 1 - 5件を表示

ナルシストの憂鬱 (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

西江彩夏の作品

ツイートする