それでも愛しい社長のワガママ (ビーボーイノベルズ)

著者 :
制作 : 大和 名瀬 
  • リブレ出版
3.05
  • (2)
  • (3)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 60
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862636829

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/08/22
    社長と秘書のカプ

    営業課所属の受けを、社長がいきな自分の秘書に抜擢する。
    その理由は、予想通り…
    実は過去に2人会っており、社長がずっと受けのことを好きだった。

    という展開。

    良くも悪くも、安定のストーリーでした。

  • なんだろね、色々惜しい感じだったなぁ。 
    萌えまであと7歩半・・・みたいな?w

  • サクッと楽しめました。
    社長はわがままで無くちゃんと森友の事を見てフォローしてくれます。

  • 社長・有賀×新米秘書・森友のカップリングです。
    ワガママ社長との初対面(?)で、いきなり大抜擢!
    営業から畑違いの秘書業務へ・・・
    色々あって、ハッピーエンドって感じです(^_^;)
    ?の意味は、ネタばれなので、
    ちょっと割愛しますが、タイトルのとおり”わが道を行く”社長なので、
    読んでいて、攻めのキャラを楽しめました(^^♪

    ハッピーエンド後のお話も収録されています(#^.^#)

  • ★3.0。表題作がえらい荒削りで急展開だなと思ったら、投稿作なのね。具体的な仕事描写は省略されてあっという間にくっついちゃったな(笑)後半の書き下ろしは私の好きな砂床さんらしいお仕事描写と心理描写の書き込みに、落ち着いて読めました。受は実に迷惑な秘書だなと思いつつ、二人のバカップルさを楽しめました。ヤンデレ好きとしては入谷も惜しい人材。話が違えばきっといい妄執攻になれたよ。

    電子『シークレットビーボーイ砂床あい限定本 Sweet Box』収録の番外編SS読了。
    ▼『パーティー編』あの『一途な夜』のヤスダ理研またも登場(笑)もう名前覚えちゃったよ…。社長と秘書は主催パーティーでアオカン。何やっとるんだ。
    ▼『薔薇と林檎』篠田×成宮…?
    ▼『シャンプー』犬の前で節操がない社長。あわや犬が受のソコを舐めるかと思ったら膝裏で良かった…。
    ▼『捨てないでくれ』大晦日。社長は片付けられないんじゃない、捨てられないんだな…。姫初め見たかったよ。

  • 超やり手でイケメン社長×営業からいきなり秘書に抜擢された前向き思考な純情秘書。
    お仕事系ラブコメです。王道と言えば王道で嫌いじゃないストーリー。不慣れで失敗ばかりする秘書と恋に堕ちる若くてかっこいい社長ってのは、その取り合わせだけで楽しいです。

    いきなり社長自らに「秘書になれ」と指名され、一生懸命仕事に励む森友は健気でかわいいし、傲慢に見えてけっこうメロメロになってる有賀も素敵です。
    表題作は、そんな二人が恋仲になるまでの話。有賀と森友の会社や自宅でのやりとりは、くすぐったくなるくらい少女マンガ風。読んでて楽しいです。
    男の身でこんなに大切にされていいのかと、真面目に考え尽くす森友は、ほんとに忠実わんこです。
    で、完璧そうに見える有賀が家事能力ゼロで、豪華マンションが汚部屋化してるギャップもよかった。

    書き下ろしは、二人が命を脅かされるような脅迫事件に巻き込まれ、いっそう二人の絆が深くなる話。こちらはちょっとTVドラマ風かな。捨て犬を介して親しくなった森友と入谷に有賀の嫉妬も絡んで、ストーリーはかなり読ませます。

    ただ、せっかくのステキなキャラを充分活かしきってない気がしたんですが。もう少し何かあるんじゃないかと期待したら、結局あっさり普通だったので…話にもう一ひねり欲しかった。「たまには愛しい~」の事件もオチがわかりやす過ぎ。そこが残念でした。

    エロ的にはもう少し色気が欲しいところかな。万人向き?初々しい反応を見せる森友と、そんな彼を強引に攻める有賀にはちょっと萌えます。

    イラストは大和名瀬センセで、楽しく一気に読んじゃいました。

  • 社長×新米秘書。

    営業部からいきなりワガママ社長の秘書に任命されて…というお話。

    仕事ができるワガママな男って可愛いと思います。
    例に漏れずw社長はかなり嫉妬深いのですがそれが可愛いとか思える人には萌えもえな1冊かと。

全7件中 1 - 7件を表示

それでも愛しい社長のワガママ (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

砂床あいの作品

ツイートする