月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)

著者 :
  • リブレ出版
4.24
  • (92)
  • (87)
  • (31)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 589
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862637000

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 後半、家族だと思って信じてきたものから裏切られ追い詰められていく山田。不幸な生い立ちからヤクザになるしかないと思っていたけれど、ヤクザになるには優し過ぎる繊細さ。その弱さも引っくるめて全てが愛おしい。
    そして、路彦の甘ったれの中に見え隠れしていた肝の座った強さ!極限状態になって泣きながら路彦に縋る山田を優しく包み込む路彦…まさに下克上的展開なのですが、そんな軽い言葉では語れない程、紆余曲折を経てやっと愛に辿り着いた自然で必然な流れだと思います。
    背中の龍が、ヤクザになりきれない山田を笑っているかのように滑稽ながらも美しい。
    僕の人生のそばに来てくれてありがとう…なんて素敵な愛の台詞(*^^*)を恥ずかしげもなく言ってしまう路彦と悪態をつきながらも嬉しくて涙ぐんでしまう山田にキュンキュン\(//∇//)\します。読んでいる私も胸が熱くなり涙したラストでした。

  • 「もう、何も考えなくていいから。僕のものにしてあげる」

    組長の息子惣一につく信二と、信二にヤクザをやめてほしい路彦のお話。
    後半かーなりハラハラしましたが(木原さんの作品ということもあり笑)落ちるところに落ちてくれてよかったよかった。そしてラブ度の方はずっと高いイメージ。
    下巻はずっと信二視点なこともあり、路彦以外頼れる人がいなくなったあたりの信二のズタズタな心中がダダ漏れで、可愛そうで可愛かった~。
    空回りまくりの信二さん素敵(笑)そんな信二さんが大好きなみっちゃん最高。
    上巻と下巻で、同じような状況下で2人の立場が逆転しているシーンがありますが、そこで2人の性格の違いと歳月を感じました。信二の方が脆いのか、愛が深まったのか・・・両方か。
    なにはともあれ、今作も非常にのめり込ませていただきました。ありがたやー!

  • 私もそう思った、、、というのが一番に抱いた感想です!
    路彦がとても大人だし男になってたいたので星4。

    信二は相変わらずで読んでるとぐぬぬ…となるけど、憎めないというか何というか。
    木原さんが書く一途だけど一癖あるキャラすきだなぁ
    飛んで逃げ回りょんのに初夜迎えて一晩中まぐわいまくる路彦が最高に良かった!

    どんなオチになるか少しハラハラはしたけど紆余曲折を経ての平和エンドでほわ…となりました。
    これから月に笑うバレンタイン編を読むぞ

  • 散々焦らして、そう来るのねって。逆になると考えてなかったから、路彦の様子がおかしいシーンが可愛く見える。

    そして、やっぱり信二はどこまでも言葉足らずで、小心者で、人思いの優しい男故に物事が通じ辛いんだけど、路彦の信じる強さと粘り強さで繋ぎ止められたって感じが凄く男を感じて良かった(^^)

  •  『灰の月』を読むための再読。

     いじめられっ子だった加納路彦×ヤクザ構成員の山田信二。

     物語は、路彦が大~社会人と成長していく過程、並行して信二がヤクザ~……へと立場が変遷していく過程が描かれている。(信二視点)


     路彦の、心身共の著しい成長。
     変化の無い(良い意味でも悪い意味でも)、信二。

     ものの見事に描かれている、それらの対比。

     
     信二視点……彼の乱暴で幼稚な物言い、だからこそ読み手の心にグサリと突き刺さる、赤裸々な心情。

     痛い!
     助けて!

     そこに、知識と教養、勇気で武装した路彦が『好きな気持ち』を原動力にして動き出し――

     なんだろう。
     先にも書いたが、やはり、彼らはなんら魅力があるわけでもなく、思考は幼稚で欲望に忠実で、泥臭くて素直で……誠実で、暴力的で。

     匂い立つ、性描写。
     痛くなる、暴力描写。
     冷たくて寒い、情景描写。

     全てが、相まってのラストシーン。

     格好つけの、信二。
     粘着質で執着の、路彦。 
     変な人たちなのに、愛おしい。


     そして、月に笑う、龍が愛らしい。


     次巻『灰の月〈上〉』へ。

  • 素晴らしいね。痛い…何度も痛い…いや、駄目だよ、そっち行かないで、と何度も祈りながら読み進む。信二と路彦の逃走劇は涙腺決壊で文字が霞んだ。惣一に嫉妬するほど信二を好きで、好きで、身体を変えてもいいと思うほど好きでどこまでも追いかけて泣いて懇願していたのに逆に組み敷いてまで自分のものにした路彦の愛が眩しい。抱いたことで自分を嫌いになったのじゃないかと怯える路彦が可愛い。

  • ヤクザに入り込むといい終わりはないと思っていたので…、いい形に収まってよかったです。
    それにしても、愛の逃避行は上手くいくのを見たことがないものです。
    上巻ではいじめられっ子だった路彦を信二が救うという構図でしたが、年月が経ち、下巻では全くの逆で、自分の在り方に思い悩み最後は追い込まれる信二を路彦がばっちり救ってあげていますね。表紙も含め、この対比が嬉しいです。
    個人的に、強気な人が泣かされるの好きなので。(^^; といっても路彦もぼろぼろ泣いてますが。2人とも泣き虫、可愛い二人組だ。
    信二さん、路彦、2人ともお互いに出会えてよかったね…。

  • やくざBLは多いけど、この本に出てくるやくざは、年々厳しくなる取締りのせいで儲からず格好もつかず解散したりする。そんなにコツコツと悪事を働いたりテキ屋働きができるなら、おまえ堅気で暮らしてけるで、とか言われてる。ファンタジーじゃないやくざで面白かった。
    BLも、私のすきな、年上のお兄さんが好きな少年、からの粘着質に尽くす年下攻めで、大変よかったです。喧嘩しすぎなんだけど、喧嘩してるシーン面白くてすき。

  • 思った以上にBLだったかなぁ。
    面白かったけれど、漫画でもヤクザがらみのBLをいくつか読んでいたからか、身近でないからか。BLだなぁーという感想。

    じれったさもなく、すこしいろんな意味でハラハラする感じ。

  • 上巻は路彦が危なっかしくて弱くてみっともなくて、
    完全に信二が上位だったのに、
    読み進めていくと、あれ、あれ、あれ・・・?
    これは壮大な下剋上の物語であった。
    とりあえず下巻のようやく結ばれるシーンでは
    目を疑いましたね!!あ~びっくりした。
    まあ落ち着いて考えると、その方がいいかもしれないな。
    路彦は最初の幼いイメージが強かったせいでビックリしたけど、最後はふさわしく成長していたと思います。

    私はインテリヤクザの惣一が結構好きだったので、
    もっと絡んでくるんだろうと思ったのに残念・・・。
    信二がバカすぎて何も起こらなかったけど、
    惣一って信二が好きだったんだろうか?
    信二に掘ってもらいたかったんだろうか?

    信二がバカすぎてイライラしたけど堅気になれて安心しました。
    やっぱり地に足がついていないと不安でたまりませんからね。

全51件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

木原音瀬(このはら・なりせ)
95年『眠る兎』でデビュー。不器用でもどかしい恋愛感情を生々しく鮮やかに描き、ボーイズラブ小説界で不動の人気を持つ。『箱の中』と続編『檻の外』は話題となった。他の著書に『あいの、うた』『秘密』『さようならと、と君は手を振った』など多数。

「2020年 『黒い結婚 白い結婚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原音瀬の作品

月に笑う〈下〉 (ビーボーイノベルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする