追憶 (スーパービーボーイコミックス)

著者 :
  • リブレ出版
3.45
  • (9)
  • (20)
  • (27)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 150
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862637826

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もったいないな~、もっと読みたいな~って思った『追憶』でした。
    これだけで1冊欲しかったなぁって・・・。
    色気ある絵には相当萌えさせていただきました♪

  • 小山田さん初コミック、ドナる前に再読。表題、変人の異名を持つ小説家×編集者。2人の父親たちの過去も絡められちょっとシリアスよりなお話が好きだった。もう一つは陸上部で幼馴染みの2人。どちらのお話も少し分かりづらい部分があるけど、昔から絵は色っぽくさすがの画力なので満足してしまう… 今はイラストばかりですが、もう描かないのかな。

  • この方はイラストレーターとして私の頭に入っていたので、漫画でショックを受けないために購入しなかったのですが、読友サンがこぞって読んでいたので買ってみました。
    深くはないが面白い。昭和初期(?)な作家と編集者も良かったけど、幼馴染みの二人は結構ドラマチックで楽しかったです。

  • 好きな絵師さんのひとり。コミックス出してると知り購入。
    官能小説家・霧村×編集者・森山。
    森山の作家の亡父と編集者の話をした途端霧村が・・・。
    父と編集者の話も織り交ぜてあるので霧村×森山の話をもっと読みたかったかな。わたしはもう一つの作品、スタートラインが好きかも♡

  • エロ小説家×編集者 幼馴染年下攻め の二本立て。
    小説家のほうは親子の因縁というか因果というかもろもろ。時代背景がわかりにくいけど明治大正とかその辺のイメージなのかなぁ。やや展開早め。書き下ろしの先生目線の話がかわいかった。
    幼馴染のほうは受けの子が結構あっちいったりこっちいったりしてるわりに話の雰囲気は爽やか。みんないい人だから後味よいかんじ。

  • 初コミックだとは思わなかったくらい、経歴が長いような気がする小山田さんですが、とっても良かったです。表題作も良かったし、スタートラインも表題作とは全然違った雰囲気の作品だったので、いろんな作品が書けるんだと感心しました♪これからが楽しみですね

  • 小山田先生の絵も好きな事ながら、追憶の時代ぐらい?が話として好きで好きでたまりません。あの渡瀬先生の櫻狩りとか。
    もう1巻ぐらいラブラブバカップルの二人を見たいです。

  • 小山田さんの絵が大好きなので買ってみました。表題作、父カプのエピを盛り込んだからなのか、メインカプの恋の方が弱くなってしまった気がします。もう1話くらいあればよかったのかも。同時収録の方は、雑誌で何話か読んでたので全部読めて満足です。一途な颯人の粘り勝ちってところですかね。

  • 小山田さんの初コミックスです。表題作は小説家と編集者で父親同士が恋仲で道ならぬ関係だった…愛しさと憎しみが交錯しながら〜なお話。幼馴染み同士の学生モノのお話も収録されてました。追憶のその後も描き下ろしでありました。良かったです!絡み合う姿が色気があって、挿絵でもエロいですが漫画もやはりエロさがありました。

全12件中 1 - 10件を表示

追憶 (スーパービーボーイコミックス)のその他の作品

小山田あみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
モンデン アキコ
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする