マッチ売り (CITRON COMICS)

著者 :
  • リブレ出版
4.17
  • (227)
  • (189)
  • (94)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 1557
レビュー : 97
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862638564

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やっぱり草間さんの世界は独特。好きだー。読んでてその世界観に引き込まれる。
    この作品は主カプ2人で進んでるわけじゃないのがなんとも…!脇が脇じゃなく感じる。ある意味主役というか。スピンオフとかじゃないからかもしれないけど。いろんな意味で素直な花城が好きですv
    隠してることが気になる。続き気になる・・・!続き気長に待ちまする。

  • 草間さかえさん、本当に大好きです。絵が素敵です。花城さんのビジュアルがほんとに好きで…。話の時代背景もいいですよね、昭和初期。レトロな建物と、戦後のざわめきと赤線地帯の隠微なかんじ。草間さんの、何もかもを説明しない話の展開の仕方も好きなんです。どういうことだろう、なんだろう、って疑問を持ちながら読んでいって、あとから「こういうことだったのか~」って閃けるのが好き。多くを説明しない感じがいい。そして体の線の書き方も好きです。とにかく好みです。

  • 良かった! レトロな世界での率直な男同士のやり取りが雰囲気あってよい。そしてやっぱりこの人の絵が好きだなー。

  • 2010-10-8

  • 草間さんの挿絵が好きなので…ということで初読み。『やぎさん郵便』が気になっていたので始まりの話が収録されていたこちらから。
    多分、カップリングが思っていたような感じじゃなかったのか、あまり惹かれなかった。特にやぎさん郵便の鬼畜眼鏡っぽい、人の弱みに付け込む系の攻が苦手なので如何とも。マッチ売りのカプややぎさんの受は好みなので残念。続きを読めばまた違う感想になるかもしれないけど、そこまではいいかな。

  • 舞台は終戦後の日本。渡せなかった恋文から始まる四人の男の恋模様。

    草間さんの絵は色っぽいなぁと再確認。
    片想い萌え、関係性萌えが詰まっててたまらなかったです。
    受けがビッチくさいのもポイント高い。

    この四人の運命がどうなるのか気になるので、続刊の「やぎさん郵便」も買おうと思いました。

  • 再読。4人の男達の恋が「恋文」をきっかけに動き出して行く。廣瀬×花城、澤×有原。戦後の時代背景が草間さんの絵とまた良い感じに馴染みますよね… この4人の中で澤が一番気になる人です、花城への気持ちを伝える事もしないで、どうして俺じゃないんだと憤る… そんな厄介な人に捕まってしまった有原がちょっと不憫。廣瀬と花城の2人も主に花城側に問題ありなので今後が気になる。しかし受け2人の色っぽい事… 堪りませんね。

  • 再読。皆さんのレビュー見てカバー下未見にショックを受け再買(T . T)「元は女が好きな男と 家が金持ちな男と 文学やってる男(全て廣瀬)は 俺の物にはならねぇよ」花城 「どうして 俺じゃない あいつ(廣瀬)なんだ 」澤 「この男(有原)があいつ(廣瀬)に宛てて書いた 廣瀬め どこまでも忌々しい奴だ」だからって有原への仕打ちは駄目だよ。まぁ愛に変わるのも時間の問題なんだろうけど。草間さんのエチ描写は好き★カバー下最高!

  • 表題作は、裕福なのにトラウマ持ちで特殊な性向ゆえにマッチ売り=街娼に立つ花城と、偶然彼が出逢ったお人よしで素直な学生・廣瀬のラブストーリー。

    続編の「やぎさん郵便」1~8 話も収録。マッチ売りで廣瀬が友人・有原に返そうとしていた半分のラブレターをめぐって、花城の部下・澤と有原も加わった複雑な四角関係が始まります。

  • 薦められて読みましたが面白い!
    冒頭のトンネルのシーンだけで心掴まれました。終戦後という時代感も好きです。絵のタッチもその時代の雰囲気に合ってますよね。
    我侭なようで繊細?浮世離れしてるようでしっかり者のような…そんな社長のキャラが好きなのでこのカップルがうまくいくといいな。

全97件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

草間 さかえは、漫画家・イラストレーター。主にボーイズラブ誌にて活躍する。

草間さかえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

マッチ売り (CITRON COMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×