UNDER THE HEAVEN〈上〉 (ビーボーイノベルズ)

制作 : 立石 涼 
  • リブレ出版
3.95
  • (11)
  • (17)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 116
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862639097

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マフィアに引き取られた孤児兄妹のお話。
    かわい有美子さんの書く日系人は美しくて好き。


    引き取られた先でどんなひどい目に遭うのかと思ったら
    結構幸せに育っててびっくりでした。
    私はもっといたぶられるのかと思った…。
    妹はオヤジの愛人にさせられるのかと思ったよ!

    実子も一人いて兄3人妹1人の4人兄妹。
    同じく引き取られたアレックスにほのかな恋情を抱く史貴。

    血のつながりのことはあらかじめわかっているので
    身の程を弁えてる養子、かといって実子も必要以上に
    えらそうにするでもなかったです。

    何だ幸せじゃない、って思ったら
    妹が大変な目に遭って、
    妹の身代わりにされた兄も大変な目に遭って、
    結構容赦ない感じで不幸になります。

    どこまでドロドロになるんだろう…

    史貴が信頼していた友人に裏切られたところで
    下巻へ続く。

  • ちょ…早く下巻買いにいかなきゃ!

  • かわいさんのマフィアもの!
    いやー、読み応えありました。
    少年期~青年期まで。
    同じ施設で知り合って、同じ育て親(マフィア)に引き取られたふたりと受の妹。
    受は日本人で、妹によく似た面差しをもち、代用品として散々な目に合うのですが・・・武闘派の攻がかっこよく、受の寄せる淡い想いを男らしく受け止めます。
    うーん。好きだ。この作品。

  • いつもは上下巻は揃ってから読む派なんだけれど、これは待ち切れずに読み始めてしまった。
    ストーリーが丁寧だよなぁ。十数年前の作品とは思えないくらい、古臭さはない。
    この先はどうなるのかなぁ。史貴が幸せになれるエンドだといいなぁ。個人的にはアプリコットチーズパイを二人で幸せに穏やかに食べられるといいな。

  • MIKADO―帝〈前編〉 (ビーボーイノベルズ)
    著者: かわいゆみこ 挿絵: 東条 ひかる
    ビブロス / 1997年05月発売
    ※上記の作品を改題
    なお、改題前の旧作を読んだので、この新装版とは読んでません。
    改稿や書下ろしがあるかもしれないですが、
    ストーリー自体の大筋は変わらないと思います。

    非常にイタくて、重厚で濃厚(人間関係)。
    悲劇スキーにはたまらないかもしれない。

    詳細はブログにて
    http://theodds.blog62.fc2.com/blog-entry-277.html

  • 久しぶりに上下巻だーっと読んでしまいました。
    主役の男の子が不憫すぎる。
    上巻はどちらかというと片思い編。

  • 色々な要素をかなり強引に詰め込んだ感。あらすじ読んで興味がわいたが、実際読んでみるとかわい有美子特有のゆったりとしている中にも繊細な空気があまり感じられなくて残念。本人もあとがきで仰っていたが、初期の頃で肩肘張っている印象を受けた。設定は悪くない。

  • 14年前の作品を改稿したということですが、古さはまったく感じられないし、上下巻で読み応えも相当あり、読後は暫しの間かわいワールドから抜け出せなくなります。
    まるで翻訳小説みたいで、一瞬錯覚してしまうほどの筆力です。緻密な構成と説得力は抜群。海外ドラマ好きで、マフィアものが好きなら夢中になりそう。
    ニューヨークを舞台にしたマフィアの抗争と一家の絆を軸に、それに巻き込まれる史貴の壮絶な半生を描いたストーリー。
    イラストは立石涼センセ。「オメルタ」でも期待大な美麗なキャラを、こちらでも存分に堪能できます。

    昔の作品かなーと思うのは、その壮大な舞台設定と、主人公を次々襲いまくる不幸な出来事が往年のお耽美ぽいから。兄弟同士とか、凌辱とか、読んでいて痛すぎるけれど、そのあたりにまるで突っ込みどころなく、話の流れとして必然性があるところなんかも、かえって新鮮だったりします。

    上巻では史貴が忍耐を強いられ、秘密の片想いに押しつぶされそうになり、でも、かすかな期待が見え隠れしてる…微妙な切ない状況です。
    極悪人はヴィンセントや、郭老大とか、大物にはいますが、貴史の周囲にはいない。いないけど、史貴の気持ちを無視した人たちの悪意が、彼を不幸にしています。今のところ、史孝も男としては心もとないかんじなので、歯がゆくもある。
    いつでも史貴は「麻里絵のおまけ」的な立場だったので、自分の生きている意味や価値観が確認できないところ、泣けます。
    アレックスはそんな中で唯一史貴を救済できる人物なので、下巻での活躍に期待。

  • とーっても良かったです!!
    14年前の作品だそうですが、かわいさんファンの新参者としては、読むことが出来てうれしい限りです。
    さっそく下巻を読み始めようと思います!!

    アレックスがイケメンすぎてヤバい…\(^o^)/

  • 感想は下巻で。

全11件中 1 - 10件を表示

UNDER THE HEAVEN〈上〉 (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

かわい有美子の作品

UNDER THE HEAVEN〈上〉 (ビーボーイノベルズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする