摩天楼で愛を囁いて (ビーボーイノベルズ)

著者 :
制作 : 円陣闇丸 
  • リブレ出版
3.86
  • (6)
  • (7)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862639653

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2カップルともラブラブです。私は西根とジーンのカップルの方が好みなので、そちらをもっと読みたかったな。基は相変わらずかわいかった。

  • 完結ということで、キャラ総登場で賑やかでした。そしてやっぱり2カプともイチャラブしてましたwwこれからもずっとこんなふうに過ごすんだろうなという感じです。それにしても、一冊目のモール計画からこれまでの期間が、このお話の中では一年ぐらいしか経ってないというのが改めてびっくり(苦笑)しかし、水無瀬夫妻は寛容すぎる(笑)親公認とはwwいつか結婚しそうな二人…。すっごい気になったのが、功さんのお相手!あの書かれ方は気にして下さいと言わんばかり!どんな人なんだろう…やっぱ同性なのかな〜。

  • フェアで購入。結局スピンオフは買わないままこの完結編読んだw「~恋人」も読まないままだしwでも、都筑と基は安定しているし、1巻目にあったお仕事の結末もわかるし、ジーンと西根のエピもあるので楽しく読めた。基の実家で…のシーンはシーツ汚してないだろうかとちょっと気になった(笑)初回版ペーパーは功視点でのお見送り、フェアペーパーは表紙絵エピで4人の帰国後のパーティ。どちらもよかった!特にフェアペーパーが楽しくてイイ!功さん、完璧キャラは個人的にツボらないので、この人にも弱点があるなら読んでみたい♪

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

貴族や名家の御曹司等、きらびやかな世界観を表現した作品が数多く、読者の支持を集めている。

「2017年 『なんでも屋花曜祐介の事件譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

摩天楼で愛を囁いて (ビーボーイノベルズ)のその他の作品

遠野春日の作品

ツイートする