ローベルト・ヴァルザー作品集〈2〉助手

制作 : 若林 恵 
  • 鳥影社ロゴス企画
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862653055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『タンナー兄弟姉妹』のジーモン君に比べると、本作のヨーゼフ君はそれほどふらふらしていない。なにしろ正社員だ。それでもヴァルザーの小説に出てくる若者たちはまだ何も成し遂げていなくて、でも彼らの未来は開けており空は青く空気は透明で、かなしいようなやさしいような気持ちになる。自分はその時期をもう通り過ぎてしまったからこその愛おしさ。

    雇い主一家は癇癪持ちだし気位が高いし給料は遅配だし、理想からは程遠い。衝突を通じてヨーゼフ君のなかに準家族のような感情が育っていくけれど、彼らの人生行路は同じ方向を指していないから、いつかはさよならを言わなくてはならない。でもそれはそんなに悪いことではないのだ。ヨーゼフ君の未来に幸あれ。

  • ブルジョア発明家一家の斜陽を、助手として寝食を共する青年の眼差しが描写する。他愛ない日常が綴られているだけなのにこれが面白い。瑣末な事柄を入念に思考し、大きな流れには諦念をもって物見遊山をきめこむ達観ぶり。その意識の切り替えが特異なリズムとなって躍動する。それになんてったって自然と風景の描写がすばらしい。青年の淡々とした語り(ユニークで魅力的!)が一躍リリカルに燦きだす。この差異こそヴァルザーの潜在意識、俗世間への嫌悪感の表出なのかもしれない。彼の生涯と併せて考えると、たまらなく愛しさがこみあげてくる。

全2件中 1 - 2件を表示

ローベルト・ヴァルザーの作品

ローベルト・ヴァルザー作品集〈2〉助手を本棚に登録しているひと

ツイートする