Photoshop×Camera Raw レタッチワークフロー フォトグラファーが知りたかった速さと質を高める方法

著者 : 茂手木秀行
  • ワークスコーポレーション (2011年3月29日発売)
3.50
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862671028

作品紹介・あらすじ

知っておかないと恥ずかしいPhotoshopレタッチ術×RAWデータを最大限に生かしきるCamera Raw活用法=スピードとクオリティを最大限向上させるプロの技術が、この本でわかる。

Photoshop×Camera Raw レタッチワークフロー フォトグラファーが知りたかった速さと質を高める方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PhotoshopのCameraRAW機能を中心に各機能が解説されている
    名目ではそうなっているが、汎用性のあるPhotoshopの解説本と同じような構成をとってある
    デジタル画像の基本的な知識から始まり、RAW現像、Photoshopでの補正、マスク機能、選択範囲、合成、ぼかし・シャープネス、校正・納品・プリントで構成されている
    各章は基礎編と実践編に分かれて解説してあった

    デジタル画像の基礎知識の章では、CameraRAWの現像がPhotoshopの内部ではLAB値で演算されている点が説明されていた

    またPhotoshopでの補正の章では描画モードと調整レイヤーを複合的に使う方法も勉強になった
    以上の2点については、この本で初めて読んだ気がする

    選択範囲やマスクについても丁寧に解説してあり、今まで読んだ本の中でも分かりやすく理解を深めることができた
    合成に関しては、位置や色情報や作業工程が詳しく書かれていないため、同じ作品を作り上げることは難しいだろう
    どちらかといえばコツを指南しているといった内容だと思う

    校正・プリント・納品については、初学者はついていけない専門的な解説になっているように思う
    印刷会社からコラムを寄稿しているが、こちらもほぼ理解できなかった

    シャープネスとぼかしも専門的な説明が多く大体しか理解できなかった

    基本的な機能の説明はされているが、初学者にとっては少し不親切に感じる部分があり、中級者にとっては説明の必要を感じない部分があったりする
    私は基本的な機能に関して把握しているので、初級者から中級者の間にあたる
    感想として、各機能の複合的に使う方法は勉強になった
    もう一度読んで理解を深めるため、機会があれば購入しようと思う

  • 久々に良い本買った。オススメ。

全2件中 1 - 2件を表示

茂手木秀行の作品

Photoshop×Camera Raw レタッチワークフロー フォトグラファーが知りたかった速さと質を高める方法はこんな本です

Photoshop×Camera Raw レタッチワークフロー フォトグラファーが知りたかった速さと質を高める方法を本棚に登録しているひと

ツイートする