ぱら☆いぞ2 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

著者 : 道満晴明
  • ワニマガジン社 (2013年6月22日発売)
4.06
  • (35)
  • (40)
  • (18)
  • (4)
  • (1)
  • 本棚登録 :298
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862692511

ぱら☆いぞ2 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらずのハイセンスなギャグに、声に出して笑うことしばしば。

    しかし一巻に比べると若干ソフトかなあ。もっとエグいところを攻めていた一巻の方が切れ味はあったと思う。

    残念ながらこれで最終巻とのことだが、呪田さんや番長は他の作品にもゲスト出演してくれるものと勝手に期待している。

  • 今回もびゅんびゅん飛ばしてます

    でもテンポのいい回とそうでない回が激しかったかな。

    終わりのようなのが残念なような、やっぱりねというような。

    コレ系のネタは溢れ出てくるよりもチラ見せぐらいがいい。

    ということでたまにあいましょう。

  • 単行本で読むより、雑誌でちょこちょこ読んだほうが、十二分に面白そうなマンガ。

  • とっても下品で面白かったです。ニッケルオデオンを読んだ後だったからちょっとガッカリ感はあったけれどもそれにしても呪田さんが可愛いです。だから許します。

  • 不思議なテンポと空気感で進んでいくお下劣四コマ。
    驚きの下品さの中に見え隠れする知性。安定のどーまん節。

  • 呪田さん姉妹が可愛い。
    相変わらずシモネタ万歳な4コマ漫画ですが、どうやったらこんなにメリハリの有る可愛い絵が書けるのか不思議です。

  • とことん下品であるが、下劣過ぎではない
    この下ネタ全開、フルスロットル、全てを振り切っちゃってる四コマ漫画を赤の他人に説明する時、これほどしっくり来ている言葉も無い
    また、『4ジゲン』に肩を並べかねないほど、言葉戯びが巧いのもポイント
    落語研究会ネタもあるってのも理由だが、四コマ形式の大喜利を見ている気分にもなれる
    しかし、ホントに残念だ
    まさか、2巻で終わってしまう、とは!! 倫理上、二桁は難しいにしても、5巻は軽く越えられる高品質の四コマ漫画、と思っていただけにショックは小さくない
    相馬と呪田の恋愛も、読み手を逆に苛立たせる、中途半端な結末になってるしさぁ
    今から嘆願書を出したら、連載再開してくれるかしら?
    あと、これは結構、重要な点だが、この『ぱらいぞ』は他の18禁漫画を犠牲にしてでも、親や彼女に隠し通すべき一冊だ。よほど、四コマ漫画が好きか、性への考え方が奔放でなきゃ、白い目で見られる事は間違いなし(まぁ、Mっ気があるってなら、無理に隠せとは言えないが)

  • 性的表現への規制が強まった場合
    いやらしいコミックも純愛路線に回帰せざるをえなくなると思う
    道満清明さんの表現は、そのための手法として
    これからさらに評価を高めていくことだろう
    「告られアクメ」いいじゃないですか

  • 2巻を先に読んだせいか、1巻よりもこっちのほうが好き。

  •  安定の下ネタ。

全29件中 1 - 10件を表示

ぱら☆いぞ2 (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)のその他の作品

道満晴明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする