櫻井大エネルギー (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

  • ワニマガジン社
3.62
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862693815

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 同人誌か何かで櫻井エネルギーさんの事を知り
    とても素敵な絵と物語を書く人だなあ。と、意識するようになり
    初めて生で見た作品が
    ペットが死んで悲しむ三姉妹が
    次のページでは号泣しながら、ハツやぼんじりがどうのこうの言いながら
    死んだペットの犬を貪り喰らう作品を立ち読みしてトラウマ化。
    そこから数年。
    初の単行本が出ると知り、わくわくして読んだら例のそれ。負の不意打ち。

    後書きで「編集者から頭のおかしい漫画を書けと言われたので書いた」
    と述べてあるけど、いまいちだね。あるのは勢いだけだ。
    こういうジャンルはやっぱり才能がある人が練りに練らないと面白くない。
    不条理ギャグ系の才能はほぼ感じられないので
    適当にハーレム漫画でも描くのが妥当だと思う。

    でも、レトルトカレー人間に恋する女の子が
    彼の故郷の星へと旅立つも食欲に抗えずに
    その星のレトルトカレー共を食らいつくす話だけは、最高に狂ってて素敵だった。
    レトルトカレーをスプラッターに見立てたのはお見事。
    あとは失敗作。
    駄作ではなく、失敗作。

    余談ですが、タイトルの「櫻井大エネルギー」とはサークル名です。
    サークル名をタイトルにする作家さん初めて見たよ。

  • ※一部に暴力及び流血、性描写の含まれる作品です。

    【印象】
    そして考えることをやめた。
    綺麗な線でよく分からん話を観たい人にお薦めします。

    【類別】
    漫画短編集。全18編。
    不条理、ロマンス、アクション、ホラー、料理、ファンタジー、オカルト等様々。一応はどれもコメディのようです。

    【脚本等】
    男性向け成年誌の物語構造へ謎要素を絡めた短編「恋人は香辛料~前編~」「例えばの話」に興味を引かれました。

    【画等】
    扱える分野の幅広さに関心を持ちました。

  • 起承転結の転で止めた様な話がいっぱい詰まった困った本

  • ネジは外しているけど全体的に飛んではいないから話的に弱く感じる。絵柄が非常にコミカルポップなのでカラーでやりなさい。フルカラーで。あと、気になったのは「貧乏と犬と女」のきたねぇ泣き顔に既視感があってまんまクソヤザと気付いた時に笑った。ウゴウゴルンガガガンダ教の元ネタ的なやつはウゴウゴルーガかな。「主人公クエスト」のモブの中の影の新シリーズは殺人事件の匂いしかねぇ。

  • まれに見る天才。

    快楽天に掲載されてたギャグ漫画の単行本化。

    出だしの犬の死体で笑わせられるのは櫻井エネルギー先生くらい。

  • おバカな女の子満載でバリ可愛いッス!パイセン!
    おかわりプリィーーズ!

全6件中 1 - 6件を表示

櫻井大エネルギー (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)のその他の作品

櫻井エネルギーの作品

ツイートする