「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方

著者 :
  • 英治出版
4.01
  • (195)
  • (203)
  • (164)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 1269
レビュー : 203
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760180

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ソーシャルアントレプレナー。
    学生の力で風穴を開ける。
    役所のぱくりが痛い。
    「育児保育」の先駆けとなる。

  • 病児保育に取り組むNPO法人「フローレンス」の駒崎さんの本。

    同じく社会企業家の元マイクロソフトのジョン・ウッドさんの「マイクロソフトでは出会えなかった天職」が充分に仕事の経験を積んだ上で、さらなる充足を求めた転身ならば
    こちらは、まだ社会経験も少ない学生でありながら、社会の欺瞞にたいする憤りや、熱情や、焦りや、そんな目一杯の若々しさの中、何かを求めて道を進んでいきます。
    この若々しさに感動しました。

    そして著者は最後に「溺れる赤ん坊のメタファー」にたどり着きます。
    それはこんな話です。

    あなたは旅人だ。旅の途中、川に通りかかると、赤ん坊が溺れているのを発見する。あなたは急いで川に飛び込み、必死の思いで赤ん坊を助け出し、岸に戻る。

    安心して後ろを振り返ると、なんと、赤ん坊がもう一人、川で溺れている。急いでその赤ん坊も助け出すと、さらに川の向こうで赤ん坊が溺れている。

    そのうちあなたは、目の前で溺れている赤ん坊を助けることに忙しくなり、実は川の上流で、一人の男が赤ん坊を次々と川に投げ込んでいることには、まったく気づかない。

    この寓話から筆者は病児保育を生み出す、「構造」に思い至り、ワークライフバランスのさまざまな問題を解決すべくあらたな提言活動を始めます。

    これからまだまだ発展しそうな著者から目が離せません。

  • 学生ITベンチャーのCEOだった筆者が、病児保育の必要性を感じてNPOを立ち上げ、社会を変えようと取り組んでいく過程が書かれている。社会を良くしていくのは国や自治体の仕事だと思っている人は多いが、現代は個人が事業を立ち上げて社会問題を解決できる時代だという。筆者の社会を変えたいという思いから行動していく姿に感銘した。

  • NPOは稼ぐことを目的にせず、収支プラスマイナスゼロのギリギリでやっていくものと勝手に思い込んでいたけど、それだと長続きしないということに気づかせてくれた本。自己犠牲で成り立つものは長続きしない。

    共感できるところも多く、駒崎さんの赤裸々な文章も親しみが持てて良い感じでした。

  • 【内容】
    まさに社会起業家の”熱意”に触れられる本。
    社会を変えたい!という決意を胸に、失敗しながらも試行錯誤を続けていく筆者の姿勢に勇気付けられました。
    また文体が軽快で読みやすく、入門書としてもオススメです。

    【文責】
    堀江

  • 努力して、よい中学に入って、よい大学に入って、よい会社に入れば幸せになれる。そう言われて中学受験から就職活動まで、ずっと先の将来を夢見てきた我々の前に待っていた21世紀は、不景気から始まりました。


    就職氷河期では就職に苦労して正社員にすらなれず、正社員になったとしてもリストラの業務リソース不足のしわ寄せで馬車馬のように働かされ、未来にもらえるはずの年金もないような現実が現在の20代後半〜30代前半を待ち受けていました。


    この本はそんな私と同じ世代の若者が、ITベンチャー社長を経て病気の子供を預かる「病児保育サービス」のNPOを始めた経緯について描かれています。 ITベンチャーを経営しているけれども、決してIPOで一財産を築いて六本木ヒルズで暮らして外車を乗り回すような願望はなかったという筆者が、等身大の言葉で自分が社会に対して何をしていきたいのかを問い続け、行動した物語が書かれています。


    一貫した上昇志向を持ち続け、大企業や官庁で出世していく生き方はある意味レールに乗っていて、ただその組織において評価されるような要領を会得していけば収入もステイタスも上がっていきます。そのようなモーレツサラリーマンな父親の姿を見てきた我々の世代にとっては、高収入もステイタスもそれほど魅力的には映らなくなっています。


    社会起業家、ソーシャルベンチャーと呼ばれる若者たちの動きは、アメリカではすでにかなり活発になっています。代表的な存在であるビル・ゲイツは、自らの資産を慈善事業に寄付しましたし、 GoogleはITで得た収益をグリーンエネルギーの開発に費やす方針です。シリコンバレーで財を成した起業家たちは軒並みソーシャルベンチャーを立ち上げ、自らの能力と資産を社会的意義のある目的に対して発揮しています。


    そのような流れがようやく日本にも根付いてきて、社会起業家という新たな成功方式が生み出されました。一昔前のホリエモンのようなIT起業家はすでにトレンドではなく、エコや福祉の分野で自らの意志で活躍するアントレプレナーが人間としても尊敬できる存在として学生などの目標になっています。


    実際に銀行の内定を辞退して飛び込んできた新卒や、年収1,000万のコンサルタントの参画など、この本には自らのベクトルを自らの意志で変えた輝かしい人々が描かれています。


    右肩成長による20世紀型の成功方程式を捨て、持続可能な21世紀型の成功方程式を我々の世代は見つけようとしています。まず自分の周りから、住んでいる街から、自分たちがアイデンティティを保てる環境に変えていくことがいずれ世界や地球まで住みやすくしていくと思うのです。

  • 文章うまい。大文字表記はちょっとクドいけど笑

  • NPO法人フローレンス駒崎さんの著書。
    37.5℃以上の熱を出した子どもは保育機関に預けられず、母親は仕事を休まざるを得ない(それがきっかけで職を失う事も)。
    当たり前の事をして職を失う社会、という問題を解決する為に発足したプロジェクトの話。
    ※一般には理解されていない事も多いが、現在のNPO法人は「運動によって社会問題を解決する」から「事業によって社会問題を解決する」にシフトしている。

    世の中には数多くの起業ストーリーがあるが、その中でも群を抜いて心に響く一冊。
    今でこそ徐々に当たり前になっている事が、誰にも目を向けられていなかった頃。そこに着目し、進んでいく姿はまさにタイトルの通り「社会を変える仕事」なのだと感じました。
    働き方改革などが現在かなり叫ばれていますが、そこにもいち早く取り組んだ企業。始めれば、スタンダードになる、という事を体現している企業の話。

    「あなたが見たいと思う変革に、あなた自身がなりなさい」——マハトマ・ガンジー

  • ・保育や子育て支援業界は、ほとんどが子育て経験のある中年以上の
     女性で占められている。多様性がないので、イノベーションが起きない。

    ・公務員と話す際は「安全」「確実」「きっちり」しているかをアピール。

    ・ソーシャルベンチャーの武器は、明確な社会性。
     記者はそこに価値を見出す。新聞は社会の問題を明らかにし、
     解決の糸口を探るためのもの。

    ・事業を通じて社会問題を解決するモデルを作りだす。そのモデルを真似て
     もらったり、行政が法制化したりすることで、全国に拡散する。

  • 何か起業の糸口を探して、友達と読んだ本だったが、やはり簡単じゃないなと改めて思った。多分、詳しい手続きなど載せると事はもっと並大抵な事ではすまないな〜。 さて、寄付を待っているばかりじゃダメだしどうしよう、、

全203件中 1 - 10件を表示

「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方のその他の作品

駒崎弘樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「社会を変える」を仕事にする――社会起業家という生き方を本棚に登録しているひと

ツイートする