2人が「最高のチーム」になる―― ワーキングカップルの人生戦略

  • 英治出版
3.75
  • (49)
  • (95)
  • (56)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 656
レビュー : 99
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862760937

作品紹介・あらすじ

成果を上げる秘訣は、「家庭」にありました。共働き&子持ち経営者2人が悪戦苦闘の果てに生み出した生活術。見えてきた新しい夫婦のカタチ…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これから海外に行くのだが、帰国してからの人生計画はどうするか。ちょっと不安になったので、まだ結婚願望すらないが読んでみた。

    夫婦共働きの家庭が増えている中で、本書はそのバイブルになると思う。同時に、まだ結婚する予定がない人に得られる示唆が多い。
    読むことで結婚や出産、育児休暇前後の仕事などについて不安がなくなる。

    著者は自らワークライフバランスを日本企業に広める仕事をしている小室氏と病児保育に励まれているNPO法人フローレンスの駒崎氏の2人である。
    実際に子育てをされた中での気づきが随所に見られ、本人たちいわく、当時の自分たちに言いたいことを盛り込んであるというので、説得力もある。

    今後結婚する場合は、妻にもこの書籍を読んでもらい、お互いが協力し合える家庭を築きたいと思う。

    ■参考になった箇所
    ・全体の約7割の女性が妊娠を契機に退職している
    (内閣府・国民生活白書(H18)
    ・夫婦ともに仕事にやりがいを感じながら、子育てを楽しみ、地域社会に参加し、人間としての視野を広めていく。
    ・児童心理学では、「自己肯定感」、「自己効力感」を2つを小さい頃にもてるかどうかが、その後の人格形成の根幹に大きく関わる。
    ・育児休業は、取る側とほかのメンバー双方にとって、新たなチャンスと成長の機会をもたらす
    ・結婚を境に退職して、その後パートで就労する場合と育児休業を数回とって職場復帰して働き続けた場合とでは、一人の女性の生涯賃金の差額は5千万~2億円にもなる(内閣府・国民生活白書(H17)

  • <b><u>結婚直前のカップル必見!!特に頭の固い男は読んで間違いなし!!</u></b>

    ワークライフバランスで有名な小室淑恵さんと、社会企業家で有名な駒崎弘樹さんの働き方と家庭を見直し新たな価値観の扉を開く一冊。
    今後増えていくであろう共働き夫婦の家庭や職場での協力体制の築き方が、実行可能なアドバイスと共に書かれている為、非常に有益。

    特に目からウロコだったのは下記。

    <u>
    ?「結婚観」のバージョンアップ</u>
    実際僕らの年代だと、父親が外で働き、母親は専業主婦で家事や育児を行うと言ったスタイルが当たり前で、
    幸せな家庭像と言うと上記の様な家庭を目指す男性が大半だと思う。
    今ですら自分もワーキングカップルとして、お互い仕事と家庭のバランスを保ちながら生活しているが、
    かくいう私も結婚前は"一家の大黒柱として働く事"が、男としての仕事だと考えていた。
    だがそれが、如何にこれからの時代にそぐわないか社会的背景も含めて解りやすく書かれている。
    パートナーに専業主婦を希望される女性や、妻に専業主婦を希望する男性諸君は必読。

    <u>?コミュニケーション戦略</u>
    言うのも恥ずかしい話だが、我が家はよく喧嘩する。特に平日の夜に…
    原因は、妻の仕事の愚痴にアドバイスをして機嫌を損ねると言ったもの。
    これらのすれ違いは、下記の2つが要因だと言う。
    <要因1> コミュニケーションのあり方の違い
         ⇒女性は、『会話に共感を求める』男性は、『問題が提示されたら解決する』
          なので、妻は一日の出来ごとに共感してほしいだけなのに、夫が無駄な
          アドバイスをしてしまい。コミュニケーションギャップが生まれるという
    <要因2> 女性のモデルの少なさ
         ⇒『男性は女性が職場で置かれている環境を体感しておらず、
          辛さに共感できないこと』
          男性は、親や上司など働き続ける上でのロールモデルが多いが、
          女性にはモデルの存在が限られている為、不安の中仕事に打ち込んでいる。
          その為、つい夫や身近な人に愚痴っぽく話をしてしまう。

    <u>?イクメンを目指す</u>
    まだまだ先の話と考えているが、本書の後半は『妊娠・出産戦略』『育児戦略』『お金戦略』と続くが、
    特に目を引いたのが、『イクメンを目指す』といったこと。
    最近、巷でも話題になっているが、まだまだ男性の育休取得率は低い状態だという。
    しかしながら制度面では、非常に充実してきているとのこと。
    実際は、職場環境に気を使うから取りづらいという現状はあるのだろうが、自分は是非育休を取得し、育児に参加したいと感じた。

    全体を通して、これからの働き方や家族の在り方を考えるに当たっては非常に有益であると思われる。
    是非結婚前に、または結婚後に生活してみたけど上手くいかない夫婦に読んで頂きたいと思います。(うちは大丈夫なのでご安心を…)

    <blockquote><b>【内容紹介】 −AMAZONより-</b>

    成果を上げる秘訣は、「家庭」にありました。

    共働き&子持ち経営者2人が悪戦苦闘の果てに生み出した生活術
    見えてきた 新しい夫婦のカタチ……

    景気や社会のあり方の変化から、カップルが二人で働く「共働き」が当たり前になりつつある時代。
    ワーキングカップルの実践者であり、働き方変革のプロでもある(株)ワーク・ライフバランス代表取締役の小室淑恵さんとNPO法人フローレンス代表理事の駒崎弘樹さんの二人が、
    男女双方の立場を踏まえ、自身が実践している「生活術」を紹介。
    不安的な時代を夫婦でタッグを組み、主体的に、そして楽しく生きていくための知恵と勇気が得られる1冊。

    「考え方から小ワザまで、全部入れました」(小室)
    「ああ、結婚前に読みたかった!(笑)」(駒崎)
    </blockquote>

  • ワークライフバランスの小室淑恵さんと、病児保育等フローレンスの駒崎弘樹さんの共著。

    2人の対談や、それぞれ視点からテーマに沿って書かれたコラムが盛りだくさん。

    結婚、子育て、仕事との両立、時間の使い方、お金の使い方、地域のコミュニティへの参画などなど。

    未婚の私でも興味深く読める一冊でした。

    仕事をしているうえで、結婚・子育て・介護をしながら働く上司や部下は増えるだろうし、自分にもいつそういう状況が降りかかるか分からないなか、それを重石や足枷と思うのではなく、どう乗り越えていくのか、という視点をもつことは本当に重要だと思う。

    乗り越えるのは、結婚していればパートナーが一番の仲間だし、会社の同僚、地域の方々も良き協力者になってくれるだろう。

  • 実際のところ難しいとは思います。
    ただ自営とはいえ、ちゃんとされてる方がおられるのでやって「やれないことはない」んだろうなあとは思います。
    でも子供たちが乳幼児期にこの本を読んだところでやり方は変えなかったやろうなあとは思います。
    僕は徹底して外部資源(親と機械)を育児に導入することにこだわりましたから。

    ただ外部資源を導入できない場合には参考になると思います。
    これからの若者たちは少なくとも役所勤めではシングルインカムで余裕のある生活は難しいのでダブルインカムを目指すことになると思います。
    そのためのお手伝いの指南書になるかなぁと思います。

  • 共働きを選んだ女性からすればごもっともな話ばかり。こういうのは夫に読んでもらいたい。

  • ああ、いい世の中になってきているなあ。うらやましいくらい。

  • 仕事関係の流れで読みました。
    小室氏、駒崎氏、まさに今話題の方ですね。
    人事の仕事、女性活躍やダイバーシティといった仕事を担当している人には有名人なお二人。

    基本的な世のトレンド・知識を知るには読んでて損はないです。全然難しい文章じゃないので。

  • ワーキングカップルが今の時代に合った理想に見える。
    育児は妻ではなく夫も関わることや、地域コミュニティー参加や家事などを夫の自分もしっかりして、夫婦共に働く家庭にできるようにしたい。

  • 一時期の日本の男性が働いて、女性は専業主婦になる時代ではなく、ともに働きながら暮らしていく時代になった。その参考になる人たちはまだほとんどいないので、これから作っていくしかないのだ。
    どうコミュニケーションをとり、時間の使い方を最適化し、妊娠、出産、育児の分担。お金をどう管理していくのか。それらの具体的なノウハウが書かれている。

  • 夫婦は養う方+養われる方ではなくパートナーとして対等であることを強調。共働きに対する仕事の仕方、お金の管理、時間の管理を説明。読みやすく入門書的な感じ。

全99件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長。
資生堂を経て、2006年、株式会社ワーク・ライフバランスを設立。ワーク・ライフバランスコンサルティングを900社以上に提供している。クライアント企業では、労働時間の削減や有給取得率の向上だけでなく、業績が向上し、社員満足度の向上や、自己研鑽の増加、企業内出生率の向上といった成果が出ており、長時間労働体質の企業を生産性の高い組織に改革する手腕に定評がある。
2004年日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー キャリアクリエイト部門受賞、2012年TED×Tokyoスピーカーに選出、2014年ベストマザー賞。
安倍内閣 産業競争力会議民間議員、経済産業省 産業構造審議会委員、文部科学省 中央教育審議会委員、厚生労働省 年金部会委員、内閣府 仕事と生活の調和専門調査委員などを歴任。
金沢工業大学 客員教授、アクセンチュア株式会社 D&Iアドバイザリー・ボード、朝日生命保険相互会社評議員。

「2018年 『マンガでやさしくわかる6時に帰るチーム術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

2人が「最高のチーム」になる―― ワーキングカップルの人生戦略のその他の作品

小室淑恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

2人が「最高のチーム」になる―― ワーキングカップルの人生戦略を本棚に登録しているひと

ツイートする