• Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761187

作品紹介・あらすじ

これは、今日もどこかの国で暮らす名もなき少女たちの物語。世界で活躍する7人の作家による、書き下ろし短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国際的なNGOプランが展開する"Because I am a girl"キャンペーン。
    女の子だと言うだけで教育が受けられなかったり、虐待を受けたり、売春の道へ進まざるを得なかったり。
    そんな目をそむけたくなるような現実が発展途上国には溢れている。
    そんな女の子たちを支援し生きる力をつけさせるのが活動の主旨。

    本書はこのキャンペーンに賛同した7人の作家たちが実際に現地を訪れて、小説だったりルポだったりと形は違えどそれぞれの思いを綴りアンソロジーにまとめたものである。

    アフリカの貧しい国々での惨状は私の想像が及ぶ範囲でもあった。
    ろくな教育も受けず、一日一食があたりまえ。
    通学路でさえいつレイプされるか分からない。
    学校のトイレさえ整備されておらず、教師は低賃金にやる気を失う。
    イニシエーションと称して女性器切除の慣習が残る地域すらある。
    おまけにアフリカの女性達は従順だ。
    家父長制度を重んじ、自分の意見を述べることすらはばかられる。
    これは本当に同世代に住む女性達の姿なのだろうか。

    アフリカだけはない。
    サッカーワールドカップが開催され、次はいよいよオリンピックという経済成長目覚ましいブラジル。
    スラムに住む女の子達、そしてその母親たちの生きざまを読むと胸が締め付けられるようだった。
    下水も整わない家の中では汚物があふれかえり悪臭が漂う。
    不衛生な環境で皮膚病に罹る子供たち。
    こんなひどい状況で10代のうちに何人も子供を産まざるを得ない現状。
    母親を必要としている少女のうちに自らも母親となってしまう。
    その悪循環の繰り返し。
    父親などもちろん存在しない。
    オリンピックの開催資金だけで一体何人もの子供たちが救えるのだろうか。
    気が遠くなる。

    これが世界の現実。
    日本でももちろん男女差別は残っているし、悲惨な境遇で育つ子供達もいるだろう。
    しかしその比ではない。
    彼らに選択肢などないのだ。

    この本の翻訳は角田光代さん。
    角田さんはどうやらボランティアでこの本の翻訳を引き受けたようだ。
    彼女の小説には独特の女性ならではの視点があって、女性性についての違和感や憤りの描写も多い。
    でも彼女自身の強い主義主張と言うのは正直感じられなかった。
    ところがどうしたことだろう。
    この本の前書きを角田さんは書いているのだがこれほどまでに彼女の強い思いを感じた事は今までなかった。

    『私は非力だ。けれど、なんとかしたいと思うところからしか、ものごとは動かない。』

    まずは現状を知ること。そして自分に何ができるか考えることから始めたって良い。
    まずは一人でも多くにこの本を読んでもらいたい、と私は思った。

    • nejidonさん
      vilureefさん、こんにちは♪
      読み応えのある本のようですね!
      いや、訴求力と言ったほうがいいのかな。
      アフリカ女性は従順というよ...
      vilureefさん、こんにちは♪
      読み応えのある本のようですね!
      いや、訴求力と言ったほうがいいのかな。
      アフリカ女性は従順というより、他の生き方を選べないし知らないのですよ。
      N国に居た時、4人の男にレイプされた少女が裁判で死刑判決を受けるという事件があって。
      罪状は妊娠したから、なんだそうです。
      その時私が一番悲しかったのは、少女自身も自分が悪いと思っていたことです。
      このように、なんとも形容しがたい義憤をおぼえることが、日々起きています。
      世界広しと言えど、建国のために必死で努力したのは戦後の日本人くらいじゃないかと思いますね。
      角田さんの気持ち、よーーーーく分かります。
      この本、拡散希望ですね。読んでて辛そうだけど。
      2014/09/02
    • vilureefさん
      nejidonさん、こんにちは♪
      コメントいつもいつもありがとうございます(*^_^*)

      そうでした、そうでした!
      アフリカと言え...
      nejidonさん、こんにちは♪
      コメントいつもいつもありがとうございます(*^_^*)

      そうでした、そうでした!
      アフリカと言えばnejidonさんを差し置いて語れませんね!(笑)
      なんですか、その妊娠したら死刑って!?
      むちゃくちゃだな・・・(-_-;)

      この本の中で「チェンジ」と言うルポがあって、作家が現地を視察して感じた憤りをそのまま映しだしているんです。
      私もすっかり彼女の意見に同調してしまうのですが、このルポにはNGOの事務所長の返答があるんです。
      これを読んで目からうろこでした。
      長期的な意味でサポートをしていくことこそ重要であると。
      トイレを作ること、薬を与えることだけが支援じゃないんですね。
      短絡的なサポートでは何も変わらないだなと。

      nejidonさんがお読みになれば、もっと違った見方ができるのではと思います。
      辛い話もありますが、角田さんの訳と言うこともあり純粋に小説を楽しんだりしましたよ。
      是非、お読みになってくださいませ(^_-)-☆
      2014/09/03
  • 初めて、女性差別について勉強して、もっと知りたいと思った時の気持ちを思い出した。知りたくないけど、知らなくてはいけない。そして、誰かに知らせなくてはいけないという使命感。
    世界では、本当に考えられないようなことが起きていて、憤りを感じるけれど、その社会で生きていたらそれが常識で、私が辛いだろうと思う仕打ちにも疑問を持たないのだろう。
    むずむずする。女性に生まれたことの悲しさ。なぜ女は男にとって道具のような存在なのか。女の子は生まれた時から良き妻、良き母親になることを望まれるのか。私の周りを取り巻くジェンダー意識から逃げたくて、これからもきっと、女としての人生を戦い続けるのだろう。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「なぜ女は男にとって道具のような存在なのか。」
      そう言う話を聞くと辛くなる、、、でも現実なんですね、ゴメンなさい(誰に謝ってるん?)
      「なぜ女は男にとって道具のような存在なのか。」
      そう言う話を聞くと辛くなる、、、でも現実なんですね、ゴメンなさい(誰に謝ってるん?)
      2013/07/19
  • 女性・子ども、そんな生まれたときからの事情によって、
    虐げられる世界の人達の現状を著名な有名人作家7人が綴り、
    それが日本語訳された本。

    僕自身、カンボジアに売春街に訪れ、
    そこで沢山の男性達と一緒にいる少女達を見た。
    不慣れな化粧をして、必死に男性達を誘惑して、
    一夜を共にして、お金を稼ごうと必死になっていた。

    そんな光景が頭の中に強く蘇ってきた。
    実態を見て、知った、
    本で読んで、知った。

    女性だから、子どもだから、そんな理由で、
    虐待を受け、レイプをされ、孕ませられ、
    未来を失っていく、現状。

    「知る」という行為の先に、
    何が待っているのか分からないけど、少なくとも、
    「知って」はいたい。

    自分たちが何かをしたい、何かが出来るはず、と思うのは、
    きっと「知る」という選択肢を経た後にくるものだから。

  • 「海外支援の目的は、支援が必要でなくなる状態を作ることでなくてはならない」ために、目の前にいるウガンダの女の子たちを助けられないかもしれないことに、筆者が怒って泣き狂った場面。私もわんわん泣いていたら、はいはいで近づいてきた息子(生後9が月)がにこにこしながらドンドン私に頭突きしてきました。

    映画「ホテル・ルワンダ」で「世界の人たちは虐殺のニュースを見ても『こわいわね』といって結局ディナーを続けるだけ」といっていたシーンを思い出し、自分の姿を重ねました。

    「女の子だから」という理由で差別などを受けている女の子たちを、7人の作家が描いています。訳は角田光代さん。その土地がもつ色彩の豊かさやにおいや雰囲気を疑似体験できたきがして楽しかったし、「かわいそうだったな」ってだけではすまない結末の話もいくつかあったと思います。

    女の子に生まれたから、日本に生まれたから、長女だから、親が貧乏だから、●●だから、人生がどんな風に変わっていくのか、変わってしまうのはいいことなのか。
    「●●だから」といって生きてきた自分は、他の人と違う部分を誇らしく思うことあれば、恥ずかしく思うこともあるけれど、それって本当にそんな風に思うに値することなんだろうか。
    とかね。

  • 7人の作家による女の子に纏わるアンソロジー。
    生まれながらに受ける様々な虐待、受け入れることしか許されない人生、それを由とされてしまう世界。少しは知ってはいたけれど、敢えて目を背けていた実情は、歯を食い縛ってないと読み続けることができない。
    「女の子だから」。ただそれだけ奪われていくものの大きさに、怒りと悲しみが混ざり、その不条理さに呆然とする。
    国や地方、部族の数だけ様々な風習や慣習、伝統や思想があり、そこに生まれてきたものとして当然受け入れ生きてゆかねばならないことはわかるけれども。
    彼女たちには選択する術も何もない。
    そしてわたしは何もできないことに苛立つ。

  • 2012年100冊目。

    女性・子どもであるが故の弊害を抱える世界の人たちの現状を、
    7人の有名作家が綴り、角田光代さんが翻訳した本。

    僕は登場した数カ国に実際に足を運んだことがあったし、
    そのうちのカンボジアはまさに児童買春問題の撲滅に取り組むNPO主催のツアーだった。
    そのような「ある程度現状を理解している身」、
    言い換えれば、「話の内容に一種の『免疫』があった身」であるにも関わらず、
    著書で紹介される物語たちには心を揺さぶられずにはいられなかった。

    男性からの不条理な搾取から逃れる『選択肢』は持てずに、
    「ノー」を言う『規律』だけは押し付けられる女性たち・・・
    男性視点からでも、憤りを感じるのは容易だった。

    このような現状に対して、行動を起こすか起こさないかは、
    本書を読んだ後に決めればいいと思う。
    古くからの現地の伝統を前に、どんな行動も無意味と思えるかどうかも。
    僕たちに与えられた“知る”という『選択肢』を行使した、その後に。

  • 明後日10/11は、国際ガールズ・デーだそうです。。。

    英治出版のPR
    「 角田光代が訳さずにはいられなかった――! 世界を代表する7人の作家が描いた 名もなき女の子たちの物語
    この本は、私のように依頼を受けて発展途上国にいった、世界各国の作家たちによるアンソロジーである。小説を書いた人も、ルポルタージュを書いた人もいる。作品はそれぞれ異なるけれど、それぞれ訪れた国でだれしもが共通のショックを受けたことがわかる。私たちがそれぞれ暮らしているちいさな世界には、あり得ないことがそこでは次々と起こる。作家たちは傷つき、怒り、皮肉り、なんとか冷静になろうとしながら文章を書き綴っている。根底にあるのは、私が感じたのと同じ、痛烈な「なんとかしたい」である。 翻訳にかんして私はまったくの門外漢である。だから、この本を訳すなんて本当に無謀なことだとわかっていた。けれど、その依頼を引き受けないわけにはいかなかった。私はすでに、ここに登場する女の子たちを知っているのだ。知る、ということは、なんとかしたい、と思うことで、なんとかしたい、と思うことは、私のなかでは、かかわるということである。作家たちが(おそらく私と同様の思いで)描き出した、幾人もの女の子たちの声を、私は私たちの言葉で、届けなくてはならなかった。 --角田光代 (「私も女(の子)だからこそ――まえがきにかえて」より) 」

    Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン
    http://www.plan-japan.org/girl/

  • 女性に投資するということは、貧困の連鎖を断ち切ることにつながるのです…
    冒頭の角田光代の解説がすばらしい。

  • 収録されている各作品もよかったが、冒頭の角田光代による「私も女(の子)だからこそ――まえがきにかえて」がよかった。
    プランというNGOから依頼をうけて、角田は「Because I am a Girl」キャンペーンの一環として、2009年、アフリカのマリへ向かった。女性が性的快楽を感じることのないよう、切除することで結婚まで純潔が守られると見なされているために、女性性器切除という習慣がいまも続いているというマリ。それがもとで女の子はいのちを落とすこともある。

    長い伝統をもつ女性性器切除の習慣を変えることは無理だろうと、角田は絶望的に感じていた。伝統であるならば、外国人がとやかく言えることではないのではないかとも。角田はいろんな村をみる。習慣をかたくなにやめないと女性たち自身が主張する村があり、数年前に完全にその習慣をやめた村があった。そのやめた村は、近隣の4つの村を説得して、切除の習慣をやめさせたという。

    習慣を変えるのは絶対に無理だと思っていた角田は、そうした変化に驚く。それは、地元のプランと地域スタッフの活動によるものだった。角田と同行した女性職員は「二、三カ月に一度、八時間かけてこの地域を訪れ、廃止をした人たち、廃止を検討している村の人たち、廃止しないと言っている村の人たちと、対話を続けている」(p.4)という。衛生プロジェクトのスタッフは、この地域に家を借りて、もっと頻繁に村々を訪れているそうだ。

    こうした伝統の習慣が「動いている」ことを目の当たりにし、またこのような機会があれば声をかけてほしいとプランに頼んでいた角田は、2011年にはインドへ行った。

    インド南部のアーンドラ・プランデーシュ州、男尊女卑の風潮が色濃く、カーストの考え方も根強いところだという。プラント地元のNGOが支援している村で、女性たちが「そのようなカーストに生まれたからこの仕事に就くしかできないという考えを、捨てはじめている」(p.6)ことに角田はであう。

    ▼そのようになって最初に生まれるのは、怒りであることを私は知った。
     集まった女性たちのひとりが、こうした話をしているうち、猛然と怒り出したのである。今まで警察にいかに軽んじられてきたか、こんなことがあった、あんなひどい目に遭わされた、なぜなら彼らはカーストだと決めつけているから。警察も近所の人も、まるで犯罪者のように私たちを扱ってきた。
     その怒りの勢いはまったく衰えず、どんどん強まり、その場にいたほかの女性たちも、同意し、うなずき、補足しはじめた。私は最初にこの怒りに戸惑い、何ひとつ解決していないのではないかと暗い気持ちになったが、しかしそうではないと、彼女の顔を見ているうちに理解した。怒りは第一歩なのだ。今、彼女たちはようやく、自分たちが見下げられてしかるべき存在ではないと知ったのだ。怒り、声を上げ、結束し、闘いはじめたのである。解決してはいないが、けれど解決に向けて、動きはじめているのだと彼女の怒りは気づかせてくれた。(p.7)

    角田は、プランのようなNGOの活動を知り、たとえば団体に寄付をした場合に実際にそれが変化をうみだす力をもっていることを知ってよかった、女だからという理由だけで女の子や女性がいまだに理不尽な扱いを受けていると知ることができたのは自分にとって意味があった、なんとかしたいと思うところからしかものごとは動かないからと書く。

    もうひとつ、角田が知ってよかったと書くのは、マリでもインドでも、働きかけているのがその地で生まれ暮らすスタッフで、それらをさらに、文字どおり必死になって広めているのは、「間違っている、変えることができると気づいた、その地域に暮らす女性たち」(p.9)だということだ。

    1週間ほどのことだけれど、自分が行ったことがあるというのもあって、本の最後のドミニカ共和国が出てくる「送金」(アーヴィン・ウェルシュ作)が印象に残った。

    (1/20了)

  • 誰の目も恐れず道を歩けるとき、水道からきれいな水が出てくるとき、食べ過ぎてしまったとき・・・
    毎日のふとした瞬間に彼女たちのことを考える。
    読んでいる時よりも、読後の毎日に彼女たちは一緒にいる。

全21件中 1 - 10件を表示

Because I am a Girl――わたしは女の子だからのその他の作品

ジョアン・ハリスの作品

Because I am a Girl――わたしは女の子だからを本棚に登録しているひと

ツイートする