地域をプロデュースする仕事

著者 :
  • 英治出版
3.55
  • (7)
  • (11)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 132
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761330

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元リクルートの地域活性化プロジェクトの専門家が、関わった事業について明け透けに語るという内容。こういう話はとかく美談として語られがちだけれども、成功も失敗もとにかく正直に書かれているので、地域を活性化するために必要な「モノ・人・しくみ」の三つの重要性が本当によく分かる。

    著者は大企業のリクルートの人間なので、外部の専門家の意見を募りやすい位置にいたというアドバンテージはあっても、やはり地方でなにか事業をしようとするには血を吐くような努力が必要だということは解る。誰もがなにかしら考えを持っているわけだし、魔法のように解決策が出てくることも少ない。

    でも、それでも三つのポイントを揃えれば、地方は地方のポテンシャルを最大限に発揮できるようになるのだ。地方都市に住んでいると、さて私たちは?と考えてしまう部分が多々あった。地域にコミットしたい人はぜひ読むべき本だと思う。

  • 地域のプロデューサーの立場や心構えを説いた本。
    仕事で地域振興に今度少し関わるかもってことで図書館でかりた本

  • 都会のコンサルがきれいごとで作り上げれば長続きしない。
    地元の現場力が動かす動機にならなければ、物語は成功しない。
    そういう働き方ができるか否か。

  • 島根県海士町「さざえカレー」プロジェクト、沖縄県座間味村「インカのめざめ」&「エコツーリズム」プロジェクト、沖縄県「沖縄県キャリアセンター」プロジェクトなど、著者が「地域プロデューサー」として関わった地域プロジェクトの具体的な取組みの内側を知ることができる。読みやすい筆致で、臨場感のある内容となっている。
    地域プロデューサーの姿勢としては、地域の人を主役にして、自らは黒子に徹するということが大切だと感じた。また、地域プロデューサーに求められるスキルとして、専門家をコーディネートするスキルが重要というのが印象に残った。

  • リクルートってすごい。
    人を育てる、しくみ化するがキーワード。

  • 沖縄キャリアセンターの事例が興味深い
    筆者はリクルート出身

  • 地域に眠る日本の未来。地域プロデューサー、地域の皆さんが本当にやりたいことを編集、整理し、関係者の意思決定やコミュニケ―ションを促し、思いを紡ぎながらプロジェクト全体をコーディネートしていく、の活動と役割を定義した内容。優秀な黒子として地域振興の担い手として、(1)最強をチームを創る、(2)地元の人を主役にする、(3)事務局機能を創るという役割がと求められる。メモ。(1)資金と事務局では事務局の方がより重要です。事務局がしっかりしていれば資金も人も調達できる(2)すぐやる必ずやるできるまでやる(3)少し上手く行っても携わる人が変われば急に失速することもあり、持続する仕組みを作ることが欠かせない(4)地域のプロジェクトを進めていくとき大事な事。「何の為にやるのか」「うまくいったらどんないいことがあるのか」といったことをじっくり突き詰めて話し合いお互いに納得すること。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:601.1//Ta78

  • 仕事の取り組みの中で『粘り強さ』、『密なコミュニケーション』というのが重要であることを再認識することが出来る一冊。

全14件中 1 - 10件を表示

地域をプロデュースする仕事を本棚に登録しているひと

ツイートする