もしも、がんが再発したら――[患者必携]本人と家族に伝えたいこと

制作 : 国立がん研究センター がん対策情報センター 
  • 英治出版
3.83
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761392

作品紹介・あらすじ

自分の気持ちと上手に付き合うためのヒント、体験者や家族の病気との向き合い方、治療の知識や支援の仕組みをわかりやすく解説。ガイド+体験談。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もしガンになったら、死について考えることはしておきたいと思う。そんな冷静でいられるのかわからんけど。

  • 国立がん研究センターがん対策情報センター編 目次: ○ 索引: ○ 図表の量: 多 名簿: ○ 【この本が対象とする読者層】 患者、家族
    【レビュー作成者が感じたおもな読者層】 医師: △ 医療関係者: ○ 医学生: ○ 家族: ○ 患者: ○ 一般: ○ 【内容】 最初にがんの宣告を受けたとき以上に大きなショックを受けるがんの再発。体験者とがんの専門家が患者さんやご家族をサポートするために書かれた本です。 - 最初にがんの宣告を受けたとき以上に大きなショックを受けるがんの再発。体験者とがんの専門家が患者さんやご家族に信頼できる情報をわかりやすく提供し、これからの治療や生き方を決めていくためのお手伝いをするために書かれた本です。痛み、吐き気などの不調、臨床試験への参加、未承認薬、補完代替療法などの問題をカバーしています。
    ウェブサイト「がん情報サービス」を運営するがん対策情報センター編。 (牛澤典子) 【がん】

  • 患者の声も要所要所に取り上げられていて、実用的かと。

    補完代替医療についても取り上げられていました。

全3件中 1 - 3件を表示

もしも、がんが再発したら――[患者必携]本人と家族に伝えたいことのその他の作品

もしも、がんが再発したら ― 本人と家族に伝えたいこと Kindle版 もしも、がんが再発したら ― 本人と家族に伝えたいこと 国立がん研究センターがん対策情報センター

国立がん研究センターがん対策情報センターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする