学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造する

  • 英治出版
3.89
  • (7)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 238
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (888ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761408

作品紹介・あらすじ

本書は、今日の教育システムを取り巻く諸課題を踏まえ、教室、学校、地域コミュニティにおける教育改革の指針を提示する。世界中で導入が進む「学習する組織」の理論に基づくその内容は、小手先の「応急処置」的な改善策とは一線を画す広がりと深みを持っている。教員、生徒、親、コミュニティの構成員一人ひとりが学校の直面する課題を理解し、未来の「学び」の創造のために協働することが求められる今、多様な専門家の知見を凝縮した本書はその最良のガイドとなるだろう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • センゲの「学習する組織」のフィールドブックの3冊目。
    「学習する学校」
    888ページの大著です。1月に出版され、電話帳のような厚さに圧倒されましたが、1年近くかけて、どうにか読了しました。
    なかなか一人では読めないので、スカイプで読書会を行いながら、読みすすめました。
    私は、学校関係者ではないのですが、企業で使えるようなものがないかな?「学習する組織」を目指すのであれば、企業も学校的な側面は持つはずで、きっとアイディアがえられるはず、と考えながら読みました。
    で、読み終わってみて、細かいことから、結構、大きなことまで、いろいろな気づきがあり、私の期待はいろいろな面で満たされました。
    多すぎて、なにか、一つを紹介することはできませんが、「学習する組織」の理解がより多面的になったと思います。5つのディシプリンが、理論的にしっかりと、かつ分かりやすく説明してあったり、持続可能性との関係性がとても明確であったり、読み応えがあります。また、なによりも衝撃的だったのは、授業が、チェックインからスタートして、ダイアログがあって、瞑想の時間がある、みたいな完全にワークショップ形式になっているところがあること。こんなの日本じゃ無理だろう、と思っていたら、身近なところで、そうしたことを自然にやっている人がいたりして。。。
    あと、学校を、「教室」「学校」「コミュニティ」の3つのレベルで取り扱っていることも当たり前と言えば、当たり前なんだけど、組織をみるときにレベルを分けて考えることは、大切だと思いました。
    一度、読んだだけでは、消化できない本当にたくさんのコンテンツが入っています。
    他の2冊のフィールドブック同様、傍らにおいて、ときどき読み直し、ヒントを得て、自分の実践にいかしていく。そんな本です。

  • 未来の学校、未来の学習はどうデザインされるべきなのか。世界中で導入が進む「学習する組織」の理論に基づき、学校改革のビジョンと実践方法を示します。OPAC → http://t.co/nrhtEpHAs6

  • <シラバス掲載参考図書一覧は、図書館HPから確認できます>
    https://www.iwate-pu.ac.jp/information/mediacenter/Curriculum.html

    <配架場所、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/476155

  • アメリカの教育事情や、旧来の教育方法システムの問題点、新しい教育システムの開発、実践結果、などなどについて書かれている本。(「などなど」には、かなり多様ないろいろなものが含まれる。単純に説明しきれない)

    あまりにも奥深く、今まで本などで学んできたことが全て関わり合ってくる。
    研究図書に入れてもらった本だけれども、途中で自分で所持したくなって、購入。
    内容が濃くて読み進めるのが一苦労なので、朝読書の10分を使って10ヶ月がかりで読んだ。

  • 800ページぐらいの本である。教職大学院では使えるような気がする。

  • Schools That Learn:
    A Fifth Discipline Fieldbook for Educators, Parents, and Everyone Who Cares About Education
    http://www.eijipress.co.jp/book/book.php?epcode=2140

  • 【請求記号】370.4||797

    教育図書館OPACリンク:
    http://nieropac.nier.go.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB16233427&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • とにかく訳がお粗末すぎますが、訳しようがなかったのかな…。
    それでもガマンして読んでいたら、それなりに共感できるところはありました。
    自分で流し読みするよりも、この内容を講義で聴きたい気分です。

全8件中 1 - 8件を表示

ピーターMセンゲの作品

学習する学校――子ども・教員・親・地域で未来の学びを創造するを本棚に登録しているひと

ツイートする
×