101デザインメソッド ―― 革新的な製品・サービスを生む「アイデアの道具箱」

制作 : 渡部 典子 
  • 英治出版
3.44
  • (3)
  • (5)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 208
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862761750

作品紹介・あらすじ

「これならできそう!」「チームや仲間とやってみたい!」いますぐできるアイデア満載!コンセプト開発から現場観察、課題発見、仮説構築、プロトタイピング、実地検証、商品・サービス化まで。イノベーションのプロセスを「7つのモード」に整理し、各モードで役立つ「101の手法」を事例とともに解説。ロールプレイング、未来シナリオ、分析ワークショップ、スケッチ、エスノグラフィー、POEMS…現場で使える「デザイン思考」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 気になったメソッドが10個。普通の情報整理だと感じたメソッドも所々に。実際のプロジェクトで使ってみないと分からないことも多いが、サービスデザインのステップが大枠で掴める。

  • 何らか「アイデア出し」をする必要がある仕事をしている人には有益な「テクニック集」ではある。ただ、こういった「手法」から外れた部分でこそイノベーションは生まれると思う。結局テクニックなんて後づけでしょ。成功した人がやっていたことをまとめただけ。それいったらビジネス書すべてだけど。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784862761750

  • 2015年33冊目。

    イノベーションの調査〜分析〜統合〜実行までのプロセスを「7つのモード」に分け、合計「101のメソッド」をフルカラーで紹介している。

    《7つのモード》
    (1)「目的を見出す」:トレンドの変化を理解し、目的を設定する
    (2)「コンテクストを知る」:変化が起きる状況を理解する
    (3)「人々を知る」:エンドユーザーなどのステークホルダーを観察する
    (4)「インサイトをまとめる」:(1)〜(3)で分かったことを体系化する
    (5)「コンセプトを探求する」:調査で得たインサイトを元に未来を描く
    (6)「解決策を練る」:コンセプトを組み合わせて解決策を作る
    (7)「製品・サービスを実現する」:プロトタイプの検証・評価し、戦略の策定・実施をする

    101のメソッドは見開き1〜2ページでまとまっており、「事例」「内容」「進め方」の3つが参考になるカラー写真や図と共に記述されている。
    理論を知るだけでなくすぐに実行に移せる1冊。

全4件中 1 - 4件を表示

101デザインメソッド ―― 革新的な製品・サービスを生む「アイデアの道具箱」のその他の作品

ヴィジェイ・クーマーの作品

101デザインメソッド ―― 革新的な製品・サービスを生む「アイデアの道具箱」を本棚に登録しているひと

ツイートする