あそびのじかん――こどもの世界が広がる遊びとおとなの関わり方

著者 :
制作 : 須山奈津希 
  • 英治出版
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862762177

作品紹介・あらすじ

キッザニア東京をつくってわかった、「遊び」のひみつ。「のびのび遊ぶ」って、どういうこと?こどもの好奇心や意欲がふくらむ創造的な遊びの見つけ方、関わり方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・図書館で借りた

  • とても読みやすかった。
    「あー!服がどろどろ!」とか、「せっかく上手に描いてたのに、なんでその上から塗りつぶしちゃうのー?」とか、「シール貼るの、そこなの?」とか、よく思う(笑)
    そして、子どもが自由にのびのび遊んでるのに、ついつい「やめてー!」「こうやるんだよ!」などと言って邪魔をしてしまう…。
    大人が思うようには遊んでくれない子どもたち(笑)
    もっと子どものわくわくを感じて一緒に楽しめるようになれるといいなぁ。

    遊びとはわくわくすること!
    遊びに目的はなくていい!
    結果より過程を楽しむ!

  • キッザニアを作った人による、遊びについての本。
    幼児教育に携わる者として、最初半信半疑みたいな感じで読み始めたのですが、とてもよかった!
    わかりやすく的確に遊びについて書かれていて、いろんなお母さんたちに読んでほしいなと思った。
    レイアウトやイラストもかわいいし、とっつきやすい。すぐ読めちゃいます。

    本物との出会いについて書かれてるのがまた素敵。
    幼稚園でもこういうスタンスでやっているとすこし浮いた感じになりがちなのですが、、同じ考えの人がいることに励まされます。

全3件中 1 - 3件を表示

あそびのじかん――こどもの世界が広がる遊びとおとなの関わり方のその他の作品

ツイートする