僕らはソマリアギャングと夢を語る――「テロリストではない未来」をつくる挑戦

著者 :
  • 英治出版
4.50
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862762221

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 志を持ってまっすぐ進むその姿にエネルギーをもらい、また尊敬の念で頭が下がる!ソマリアへの入り口を探してさまようのでなく自ら立ち上げることができる行動力。口だけじゃないかっこよさ。行動ありきの軽率さで周囲をヒヤヒヤさせる彼が経験を得て思慮分別を弁えた大人に変化していく物語としても楽しめるしソマリアからケニアに流れてギャング化した若者たちの、可哀想でも凶暴、でもない一人の人としての姿も鮮やかだ。応援したい気持ちと、肩を並べて走っていきたい気持ちが混ざって、私も頑張ろうという気にさせてくれる一冊だった!

  • 日本人である私が他国でできることってあるのかな?物資を供給するだけの支援はしたくないなぁ… どのような支援ができるのだろう… など、日々もやもや考えていた自分ですが、

    永井さんのように、興味を持ったことに突き進めば、その過程の中で、適切な方法は見つかっていくものであり、行動を起こすことが何よりも重要だと思いました。

  • この国にまだ永井さんのような若者が
    ちゃんといることに感動してしまう。
    最近、某国の首相がアフリカへでかけていって
    ほら、ここまでしてやっている
    論調のニュースを新聞で見ましたが
    あんたの金でもあるまいし…
    ぐらいの感想しかもちませんでしたが。
    本来の国際人とは
    この著者の永井陽右さんの人のことを
    言うのだとつくづく感じてしまいました。

  • 出版社公式サイト: http://www.eijipress.co.jp/sp/somaliagang/

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1991年神奈川県生まれ。2015年早稲田大学教育学部卒。
2016年12月ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの紛争研究修士課程卒業。早稲田大学在学中にソマリアの大飢饉と紛争の問題を知り、日本で唯一のソマリアに特化したNGO「日本ソマリア青年機構」を設立、2017年よりNPO法人化し「アクセプト・インターナショナル」の代表理事を務める。小野梓記念賞など受賞多数。著書に『僕らはソマリアギャングと夢を語る─「テロリストではない未来」をつくる挑戦』(英治出版、2016年)。

「2017年 『ぼくは13歳、任務は自爆テロ。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕らはソマリアギャングと夢を語る――「テロリストではない未来」をつくる挑戦のその他の作品

永井陽右の作品

ツイートする