悪い奴の見分け方-あなたの近くには、人生を破滅させる悪人が必ずいる!-

著者 :
  • 総合法令出版
2.30
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862802385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • タイトルのとおり、関わってはいけないさまざまな悪人のタイプが紹介されています。
    誰から見ても悪人と分かる人から、
    悪人と言ったら言い過ぎかもしれないけど、できることなら関わりたくないなーという人まで。
    いるいるこういう人!とうなずいてしまったり、
    自分もやってるかもしれないなーと不安になったり、
    ちょっとゾッとするような感じもあったり。
    いろいろ勉強になります。

  • 自分が悪人かどうかも呼んでるうちに自ずとあぶり出されそうで、気が引き締まる。
    少し極論な気もするけれど、こういう人も現実にいると言うことですね。

  • 要はサイコパスの人となりだと思うのですが、

    納得できるところはあるものの、どうも読み進めていくと単に著者の思ったことを単純に想像で書きならべているような気がした。根拠がイマイチ薄いような...

    ただ、こういう人が「実際にいる」と言う所は押さえておいた方が良いかもしれないですね。

  • 私はこの筆者のように真の悪人とつきあったことはない。
    若い頃は身の回りに悪い奴がいっぱいいたと思うのだが、最近は見かけない。地位が上がったからというのもあるし、他責ではなく自責で物事を考えることができるようになったからかもしれない。
    この本では、暴力団と付き合うな、怪しい宗教団体とはつきあうな、責任を持たない奴を信じるなと、誰でも当たり前のようにしていることも書かれているが、一般人に見える人でも家族の話をしてみて判断したりすることにより、親の愛情を受けて育ったかがわかるという確かめ方はなるほどと思った。

  • 要するに毒親の子供や、人格障害者には近づくなと云う大変示唆に富むお話でした。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする