100億円を引きよせる 手みやげ

著者 :
  • 総合法令出版
3.17
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862803979

作品紹介・あらすじ

「1000円の手みやげ」が「億単位の仕事」に変わる!10通のメールより、1つ手みやげを渡そう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手土産は相手への思いを伝える大事な手段。いくつもの言葉よりも、一つの手土産が意味を持つこともある。大事なのは、相手のことを心から思うこちらの気持ち。それがないとどんな手土産も失敗に終わる。

  • すごく使えそう
    デスクにおいておく

  • 様々なシチュエーションに合った手みやげを紹介しているが、根本にあるのは、「気づかい」。普段の何気ない会話に現れる相手の”不”を手みやげで解決する姿勢が大切。目先の利益ではなく、心から相手のことを考えること。実際ここで紹介されている多数の手みやげでは実際に使いたくなるものがたくさんある。

  • 知らないものばかりだった。

  • いつも百貨店で済ませちゃうけど、こういう気の利いたお土産買って行きたいな。

全5件中 1 - 5件を表示

越石一彦の作品

ツイートする