世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント 第4版

制作 : 中嶋 秀隆 
  • 総合法令出版
4.08
  • (5)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862804433

作品紹介・あらすじ

世界中のプロジェクトマネジメントのプロが推薦する本格的入門書の決定版。プロジェクトマネジメントのデファクトスタンダード、PMBOK(第5版)に完全準拠。アマゾン「オールタイムベストビジネス書100」に選出された実践的内容。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 課の教育資料につかえないかと思い購入。

    何億円規模の案件を扱う際に、調達部門のスタッフとして最低限、クリティカルパスとPERT法程度は理解しておいてほしいが、なかなか良いテキストが見つからない。本書の一節がクリティカルパスメソッドに触れられており記載も平易なので勉強会に使えると思う。

    ところで蛇足かもしれないが「クリティカルパスとPERT法程度は理解しておいてほしい」というのは日本のメーカーへの皮肉でもある。日本の会社は凄まじくプロジェクト管理が下手である。アメトーークで「運動神経悪い芸人」というシリーズがあり、私も大好きなのだが、日本のメーカーのプロジェクト管理はあのレベルだと思っている。

    自分の経験上、何度も死ぬような目にあっているし、何億もの損失を叩き出すのを見てきたのでせめて、日程管理くらいしっかりやれよと毎回思うのだが、なぜか技術部門が主幹する日程表は横バーのみのものが多い。日本のメーカーはこのあたりにいい加減に気づいて、プロジェクトの管理権限を生管か調達部に渡せばいいのに、と思う。

  • 思った以上にボリュームは多いが、プロジェクト初心者としては読みやすくてよかった。

    単なる知識だけではなく、よく起こりがちなこと、マインドセット的なことも書いてあることがよかった。

  • PMBOKに準拠したプロジェクトマネジメントの本。ほどよい。

    期待値のコントロールやステークホルダーのパワーバランス、政治などなど…、ソフトなスキルも重要だと書かれているのが意外&共感した。

  • 定義→計画→実行→終結

    <定義>
    ビジネス目標
    スコープ
    予算
    スケジュール

    <計画>
    WBS
    リスク対応策の策定
    ステークホルダーマネジメント

    <実行>
    監視とコントロール
    リスク対応策の実施
    ビジネスとの整合性確保

    <終結>
    教訓
    契約
    会計

    プロジェクトの成功:スケジュール、予算、スコープ

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
リンダ グラット...
ジェームス W....
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界一わかりやすいプロジェクトマネジメント 第4版を本棚に登録しているひと

ツイートする