知識を自分のものにする 最強の読書

著者 :
  • 総合法令出版
2.71
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 95
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862804884

作品紹介・あらすじ

1回の読書で、ここまで知識が身につく!そして、読めば読むほど力が飛躍する!マンガから古典まで、あらゆる本の知識が自分のものになる!1万冊を超える本を読んできた著者が明かす、本当に力がつく読書法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一つの参考にはなる作品。

  • 【No.214】「何事も習慣が大切だと思う。大きな仕事をする人は、それだけの習慣づくりをしたからだ」「おべんちゃら人間を高く評価するトップもいるかもしれないが、そんな人物は長く続かない」「本を読むということは、自分の人生をよくするための手段」「真摯さ、誠実な人格がない人に、本物の人はいない」「文章を上達させる最大の秘訣とは、優れた本をたくさん読むことに尽きると言われる。そしてもっとよいのは、その中で素晴らしいと思われる部分を抜き書きすることである」「人生後半は、10代、20代、30代の毎日で何を決断し、何をやってきたかで決まってしまう」

  • 図書館で借りて読みました。
    精読で人としての器を大きくできると書いてありました。
    人の器について考えていた時だけに、出会えた一冊と感じました。

  • 他の著者の引用が多い。

  • 請求記号:019/Tog
    資料ID:50082416
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:019.12||T
    資料ID:95160037

    効率的な本の読み方、抜き書き、メモ、ノート術など、読んだ本の知識を自分のものとするテクニックを紹介しています。
    (生化学研究室 大塚正人先生推薦)

  • 他の人の本を批判している箇所があるが、著者自身に返してあげたくなるほどスカスカな内容が薄い本だと思う。
    1万冊を超える本を読んでこの程度の内容なら、筆者の言う、多読・速読・精読・書き写しの方法に首を傾げざるを得ない。
    同じことの繰り返しで、最強の読書をするためのヒントがいつ出てくるかと我慢して読んでいるうちに終わってしまった。

  • 私にとっては、すでに何かの本で読んだことのあることばかりで、改めて参考になることはなかった。これまで実践してきた事をコツコツ続けていいんだと、言われた気がする。

全8件中 1 - 8件を表示

遠越段の作品

ツイートする