銀行員が教える 一生困らないお金の増やし方

著者 :
制作 : 高市 亮 
  • 総合法令出版
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862804976

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 元銀行員と不動産投資に精通する2人の著者がそれぞれの目線から不安のなくなる資産運用の方法と不動産投資が上手くいくコツについて書いた一冊。

    お金持ちの行動や思想といったところや金融商品の特性などと不動産投資のノウハウについて専門的な知識を踏まえて書かれており勉強になりました。

    不動産投資がインフレに強いことや元金を借りるためのハードルがそんなに高くないことなど知らないことも多く学ぶことができました。

    本書の中でも精神的なところでは欲望をコントロールすることが、実践的なところではコミュニティに属して情報を得ることが大事なことやエリアのニーズの調査をきちんと行うことが印象に残りました。

    資産運用の中でも不動産投資について本書の後半では多く書かれており知らないことも多く勉強になりました。
    目標を決めて動くことや経験することの大切さを踏まえて資産運用を行なっていきたいと感じた一冊でした。

  • 不動産投資の勧め。何をどこに購入するかの事前調査が重要で、管理は管理会社に任せるとしても、経営はハンズオンでやっていく必要あり。そもそもそういった優良物件を誰が手放し市場に出回るのか?

  • 一般的な内容。お金に対するマインドと各投資法のアドバイス。
    不動産投資の分量多め

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

長岐 隆弘(ながき たかひろ)
1972年7月生まれ、横浜出身、早稲田大学法学部卒。
不動産鑑定士、一般社団法人不動産投資家育成協会 代表理事
アセットライフマネジメント株式会社 代表取締役

大学卒業後、就職氷河期で就職に失敗した経験をバネに、合格率2%の難関国家資格である「不動産鑑定士」を取得し、大手不動産会社で1,000件以上の鑑定評価を行う。その後、メガバンクに華麗なる転身をするものの、在職時に過酷なノルマに耐え切れず、体調を壊したことをきっかけに、労働収入以外の「お金を増やす仕組み」の必要性を痛感し、不動産投資をスタート。

2011年に不動産投資で賃料収入年間4,000万円の資産を築き、働かなくても生活に困らない「経済的自由」を実現。
現在、ファイナンスや税務にも精通する全国でも数少ない不動産鑑定士として活躍。一方、セミナー講師としては受講者が全国各地から延べ2,000名を超え、500名を超える不動産投資家を擁する一般社団法人不動産投資家育成協会の代表として、投資家の育成、投資教育の普及に努める。

「2018年 『2018-2019年版不動産投資エリアデータブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

銀行員が教える 一生困らないお金の増やし方のその他の作品

長岐隆弘の作品

ツイートする